2018年05月03日

「TOM GARLING & FRIENDS on G.W.」 Tom Garling(tb) 岡本勝之(b) 安部誠彦(p) 海野俊輔(ds)

TOM5.jpgTOM1.jpgTOM2.jpgTOM3.jpg
この季節恒例になった、プロフェッショナルという言葉にふさわしいジャズマンの日本ツアー、今年はファーガソン楽団等でならしたトロンボーンの名手、トム・ガーリングです。
お相手のリズムも素晴らしく、一瞬たりとも飽きないトロンボーン・カルテットです。
それにしても、と思うのですが、特に管楽器のアメリカのミュージシャンの層はすごいです。そして何より、こんなセッションライブの時のノリの良さは特別です。自分のリーダーバンドの時は目標、表現をしっかり出してくるのでしょうが、今夜のような時は「ジャズは会話だ」という言葉通り、カウンターはなったり一緒に盛り上げたり。
最高の一夜でした。来年はまたエリック・マリエンサルの登場らしいです。楽しみ!!TOM4.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

「All Gods' Children Got Rhythm… 木村郁絵トリオ fea. 海野俊輔」 木村郁絵(p) 中山とも(b) 海野俊輔(ds)

KIM1.jpgKIM2.jpgKIM3.jpg
大概のトリオより面白かったこの夜、ビバップばかりじゃなくいろんな曲が演奏されましたが、結果改めてあのバド・パウエルやチャーリー・パーカーの時代の曲の魅力を感じています。
海野=中山くんの好サポートに乗って弾きまくるスインギーな木村郁絵、絵になります。
このトリオ、今度はどんなテーマでやりましょうか。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

「ジルデコDUO〜”Zinger” Release tour〜in 金沢」 chihiRo(vo),kubota(gt) from JiLL-Decoy association

jil1.jpgjil2.jpg
何年ぶりのジルデコ、相変わらず美しいちひろさんとソリッドなギターの窪田さん、ポップスやオリジナルの新曲が中心のプログラムでしたが、満員のファンは大喜び、グッズには長い列ができていました。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

「リクオ&ピアノ 2018」 リクオ(vo,p)

rik2.jpgrik3.jpg
そしてリクオ、やっぱり関西のソウルと話術ですね。初めて聞くバイトの子達もファンになってしまったみたいで、人間面白くないと魅力ないよね、というその辺で納得したみたいです。
ライブは今回も怒涛の展開、いい歌、新しい歌、懐かしい歌、リクオの世界が広がります。
最後はあんまりいい気持ちで...。
rik1.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

「木村充揮ライブ!…"北陸ひとり旅2018”」 木村充揮(vo,g)

kimura.jpg
この写真みてください。かっこいいの一言!
満員のお客さんの拍手に迎えられて第一声から絶好調、正面のお客さんいじりながらのいつもの独壇場です。
それにしても、「北海挽歌」はいい歌だなあ。北原ミレイもいいけど木村充揮のこの歌は風にバタバタいう番屋の景色が浮かびます。
最高の2時間の後は今夜も「いたる」で飲むほどに酔うほどに。蕎麦屋の藤井くんも加わってこんなに女っ気のない打ち上げもなかなか。最後はペーパームーン、歌はいいね。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする