2017年10月13日

「Latino 2017 @ MOKKIRIYA」 三瀬まりの(tp) 福井直秀(fl) 木村郁絵(p) 川東優紀(b) 大桑宇一郎(ds) TOSSY(per)

LATINO1.jpgLATINO2.jpgLATINO3.jpg
地元のメンバーだけによる精鋭ラテンバンド、アフロキューバンなジャズもあればチャキチャキのマンボもありという楽しい構成です。
前日のMITCH ALL STARSのすごすぎたので割を食らった分はありますが、それでも楽しいステージでした。KIM、健闘です!
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「MITCH ALL STARS 2017…Do You Know What It Means To Miss New Orleans」 MITCH(tp,vo) 北原雅彦(tb) 武井努(sax) 富永寛之(g) 工藤精(b) 永田充康(ds)

M4.jpgM2.jpgM1.jpg
いいライブを聴くと安直に「今年最高」だの「今までで一番」とか言っちゃうのですが、この夜は掛け値なし、最高のスペクタクル・ショウでした。
満員のお客さん、ハッピーアワーで英気をつけたバンドマン達、一曲目のバップ・チューンから全力疾走です。白眉はやはりあざとくも鮮烈な「セントジェームズ・インファーマリー」、浅川マキと南里文雄の切ない「セントジェームズ病院」が残ってはいるのですが、この六人の深いグルーヴの前にはやはり脱帽というしかありません。
最高のライブが時々感動の域まで行ってしまうことがあるのですが、この日はまさにそんな日、来てくれたお客さん、堪能されたと思います。
M6.jpg
どうです、みんなの笑顔、50歳すんでも少年のようではありませんか!
M5.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

「A Song for You…平光広太郎トリオ」平光広太郎(p)出宮寛之(b) 大森ひろ(ds)

HIRA1.jpgHIRA2.jpg
平光広太郎トリオ「The Trio Vol.1」と、懐かしいハンプトン・ホースの名作にトリビュートしたような新作の発売記念ツアー、内容は素晴らしかったのですが、お客さんが寂しくって。彼ら三人には申し訳なかったなあと。
スインギーで魅力的な選曲、リズムもよくバランスが取れてとてもいいトリオだと思うのですが。これだけジャズストリートとかいっぱい出演してるアマチュアのミュージシャンいるはずなのに、聴きに来てくれないってのはやはり僕の宣伝不足なのかなあ。こんないいトリオで歌ったり演奏したりしたくないのかなあ、などと愚痴は止まりませんが...。次はいっぱいにするぞ!
ベースの川東がシットイン、拍手です!
HIRA3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

「ヒックスヴィル アコースティックライブ」 HICKSVILLE:真城メグミ(Vo)中森泰弘(Gt,vo))Vo木暮晋也(g,vo)

HIC1.jpgHIC2.jpg
楽しいなあ、こんなバンドサウンドがいっぱいあった頃って1980〜90年くらい、CHAKAさんのPsy・Sや野宮真貴のピッチカート・ファイブとか、もちろんみんなそれぞれ違うけど、そんなのを目の前で聴けるのは嬉しくなってしまいます。
HIC3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする