2017年03月16日

「Sinikka Langeland・シニッカ・ランゲラン …“The Magical Forest” Tour」 シニッカ・ランゲラン(歌、カンテレ)

SIN1.jpg
シニッカ・ランゲランというアーティスト、ノルウェイの森の中の小さな村に住み、自然の音の中で古いフィン語の詩をカンテレの繊細な調べにのって歌う、ある種巫女のような存在なのかもしれません。
フィン族の森に吹く風に溶け込むような歌声も魅力ですが、チェレスタにも似たカンテレの音色もまた魅力です。
ライブの終わる頃、金沢に滞在していたリュートの高本一郎さんが顔を出してくれ、珍しくもアフタアワー、カンテレとリュートのコラボ・セッションが始まりました。相性のいい二つの楽器、残っていた人には最高のプレゼントでした。
SIN5.jpgSIN4.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

「いま、君に逢いたい 2017...高本一郎」 高本一郎(リュート、バロックギター)

TAKAMOTO.jpg
3月の冷たい雨が降る窓の外ですが、店内は繊細でロマンティックなリュートの調べ、数は少ないけど熱心なファンの方に囲まれてファミリアーないいライブでした。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

2017 金沢大学モダンジャズソサエティー卒業ライブ

MJS2.jpgMJS1.jpg
恒例の卒業コンサート、ほとんどの人が1年ぶり以上の楽器を持つブランクがあったということですが、楽しくスイングする曲選べばいいのに、あえてコンテスト用の難曲に挑戦、まあ、これもいい思い出なのかも。
MJS3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

「 “...and the SOUL remains” release tour “…椎名純平」 椎名純平(vo,p)

JUN.jpg
本当に初めて聴く椎名純平さん、これがなかなかに良かったのです。この世界にいなければ絶対に身につかないシンガーとしての色気がスマートなソフトソウルやポップスを飾り、自分のフェイヴァリット・チューンを歌う時、その歌への愛情が溢れる、なかなか出会えない時間でした。モモホリックのモモちゃんが聴きに来てくれて、楽しそうにハミング、いい感じです。
MOMO.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする