2017年04月07日

「あがた森魚『近代ロック』発売記念ツアー」 あがた森魚(vo,g,p) 「あがた森魚『近代ロック』発売記念ツアー」 あがた森魚(vo,g,p) 「あがた森魚『近代ロック』発売記念ツアー」 あがた森魚(vo,g,p) 「あがた森魚『近代ロック』発売記念ツアー」 あがた森魚(vo,g,p)

AGATA1.jpg
あがた森魚さんは僕よりひとつ上なんですが、見てた映画やラジオから聞こえる洋楽やテレビで見た歌やドラマはきっと同時代、だから選ばれた言葉がみょうに懐かしく、変に親近感を覚えてしまうのです。
あがたさんはきっと一緒にしないでくれと言うだろうけど、横にいた女の子や学校の先生までが既視感で浮かんでくるのです。そろそろ70だろ、何恥ずかしいこと言ってんだよ、と言われるのは承知の上で、至福の時間でした。お涙頂戴、何が悪い!
早川義夫とあがた森魚は乙女幻想から逃げられない高齢者たちの宝物です。
AGATA2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

「A Tribute to "STUFF”…STUFFに愛を込めて!」 三田しょうじ(Gt), 石川秀明(Gt), 浜崎英士(Ba), 藤田真弥(Pf, Key), 石川智(Dr)&ゲスト 松谷冬太(vo)

stuff2.jpg
楽しい夜をありがとう、やっぱりこんなのは楽しいや。
曲が始まるたびに、これ何ていう曲だっけ、ばかりなんですが(何せ40年前ですから。どのアルバムにはいいてたっけ?このギター、エリック?それともデュプリー?、とまあ、楽しい混乱です)、STUFFが大好きな5人の醸し出すサウンド&グルーヴは、憧れと尊敬に溢れていました。全員が、エリック・ゲイル、コーネル・デュプリー、リチャード・ティー、ゴードン・エドワーズ、スティーヴ・ガッドになりきってやるステージは、これはこれでバンドマンには至福の瞬間なのでしょう。
ゲストのヴォーカルもすごいのですが、STUFFはどうしてもインストのイメージが強くって...。
stuff1.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

「TROMBONE TOMMY PLAYS !」  冨岡毅志(tb)溝渕啓太(g) 中山トモ(b) 川北隆博(ds)&HIDE(vo),TOMOKO(vo)

TOM1.jpgTOM2.jpgTOM4.jpg
音の大きさとメロディアスなラインが魅力のTOMMYこと冨岡毅志、もうすっかり金沢でもお馴染みですが、今回も地元精鋭たちと楽しいステージを作ってくれました。特に今回はソウルフルなヴォーカルを二人フューチャー、土曜の夜らしくゴージャスに、などと思っていたのですが、さすがにみなさん海千山千、ろくなリハの時間もなかったのですが、なんとかお客さんの拍手を浴びていました。
TOMMYのトロンボーンはさすがでドライブ感たっぷりのプレイ、金沢の菅の人たちに聴いて欲しかったのですが。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

「T字路s ニューアルバム「T字路s」リリースツアー金沢編」 伊東妙子(Gt,Vo)篠田智仁(B / COOL WISE MAN)

T1.jpgT2.jpgT3.jpg
T字路sがこんなに人気が出て(それも熱狂的、SOLD OUT!!)とても嬉しいです。
デビューしてすぐ、場末に咲く一輪の花みたいに「野良犬にさえなれなかった」と歌っていた姿は忘れられません。COOL WISE MANも良かったなあ...なんていうか、熱狂的に支持する若いファンに埋まった店の中で、どこか自分を納得させているような、不思議な時間でした。
ともあれ、圧倒的な彼らのステージは最高でした。
打ち上げのペーパームーンでサザンの関口さん御一行と一緒になり嬉しい記念写真を。忙しかったけど楽しい日曜日でした。
T4.JPG
posted by 店主 at 19:30| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「クロマチックハーモニカとアコーディオンの午後…あらいなおこ/井川ユミコ」 あらいなおこ(クロマチックハーモニカ) 井川ユミコ(アコーディオン)  ゲスト 石川ひさと、楠木しんいち(ギター&ボーカル)

ARA1.jpg
石川ひさと、楠木しんいちさんの骨折りで京都の素敵なインスト・デュオのライブができました。クロマチックハーモニカとアコーディオン、牧歌的なオリジナルからピアソラまで、日曜日の昼下がりにはぴったりのサウンドでした。久しぶりの楠木しんいちの良き時代のフォークソングらしさも、いい感じに場が和みました。
ARA2.jpg
posted by 店主 at 14:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする