2018年05月28日

「Davy Mooney&大村亘カルテット」 ディビー・ムーニー(g) 古谷淳(p) 古木佳祐(b) 大村亘(ds)

DAVY.jpg
初めて聴くDavy Mooney、音の綺麗なジャジーなギタリストだと思いますが、そこはやはり今のプレイヤー、気鋭な日本人トリオの挑戦を受けてコンテンポラリーな要素も盛りだくさん、聞きに来てくれた学生ジャズメンバーたちにとっても新鮮だったと思います。
上手く書けないんですが、アメリカのギタリストたちの音の乾いた感じはなぜなんでしょう、スタイルにかかわらずどこか空間を響すような(?)気持ちの良さです。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

「鮎川誠 シーナ&ロケッツ…ROCKIN’ 70s バースディ&ツアー」

AYU1.jpgAYU2.jpgAYU3.jpg
2度目のシナロケ、今回は2デイズでスタンディング、観客の高齢化大丈夫かとの声もあったのですが、始まってみれば昨年以上の阿鼻叫喚、まさにロックです。いろんな思いが交差するシナロケ40年に付き合ってきた強固なファンたちの思いも演奏に負けない熱さ、感動しました。
AY1.jpgAY2.jpgAY3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

「吉田美奈子/森俊之 2018」 吉田美奈子(vo) 森俊之(p)

MINA1.jpgMINA2.jpgMINA3.jpgMINA4.jpg
いつに変わらぬ濃厚なヴォーカルの夜、酔いしれて、今を忘れて.....歌は凄いですね。
minako1.jpgminako2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

「NewCD"Seven Minds"発売記念ツアー…瀬裕トリオ」 featuring Juan Ortiz(pf),瀬裕(b) 広瀬潤次(ds)

高瀬1.jpg高瀬2.jpg
一曲目のかなりコンテンポラリーの激しい演奏についていくの時間かかったのですが、すぐに大丈夫、濃厚なこのトリオの世界満喫しました。
集客とかますます厳しくなるのかもしれませんが、こんなライブをちゃんとやっていけなくては店やってる意味も半減ですしね。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする