2018年02月02日

「渡辺貞夫クインテット2018」 渡辺貞夫(as) 林正樹(p) コモブチキイチロウ(b) 竹村一哲(ds) ンジャセ・ニャン(per)

sada1.jpgsada3.jpgsada4.jpgsada5.jpg
いい夜でした。最高のバンド、85歳がなんだ、というドライブがかった貞夫さんのサックス、楽しそうに見守る満員のお客様、全てが一体となって感動の2時間半が出来上がったのです。
体の不調からメンバー共々少し心配もあったのですが、そこは世界のナベサダ、サックスを持ってステージに立った瞬間から会場は一つ、美しい数々のオリジナルにジャズにサンバ、圧倒されながら感じるこの心地よさはどうでしょう。
打ち上げはおきまりの「いたる」さん、並べられたたくさんの美味しいものを前にすっかり元気でご機嫌の貞夫さん、楽しい時間でした。
またね、の言葉が嬉しくて。
sada6.jpgsada2.jpgsada7.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

「ココロオークション…CCR UNPLUGGED TOUR 2018〜WINTER SESSION〜」

CCR.jpg
リハで「おなじはなし」や「糸」が出てきた時はびっくりしましたが、歌やハーモニーを大切にしたソフトなサウンドがいい感じです。キーボードとコーラスで参加した二人の女性がさらにタッチの柔らかさに寄与したようです。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

「Eldbjørg Raknes & Co(エルビェルグ・ラクネス&コー) from NORWAY」 Eldbjørg Raknes エルビェルグ・ラクネス(vo,key) Kirsti Huke システ・ヒューカ(vo,sampl,per) Nils-Olav Johansen ニルス・オラフ・ヨハンセン(vo,g,sampl) Tor Breivik トール・ブレイヴィック(専属音響エンジニア)

E.RAKNES.jpg
サンプリングやいろんな機材を使って描き出したいのはきっと北欧の自然の美しさと過酷さなのでしょう。
時に神秘的な空気さえ漂うパフォーマンス、3人のアーティストと音響のエンジニアによって作られた世界はこの季節にぴったりだったのかもしれません。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Eldbjørg Raknes & Co(エルビェルグ・ラクネス&コー) from NORWAY」

E.RAKNES.jpg
エルビェルグ・ラクネスと仲間たち、1月のこんな寒い日にノルウエイからの素敵なお客様です。
スタンダード曲集も出しているヴォーカルのエルビェルグですが、今回はエレクトロニクス・サウンドの中からミステリアスな歌声が浮かび上がってきます。乾いた、美しいギターなど聞いているとそんな曲も少しは、などと思うのですが、彼女らの意思は硬く、おそらくはノルウエイの過酷な自然などの描写もあるのでしょう、これが今の自分たちの音楽、という迷いのない演奏は気持ち良くもあります。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする