2017年05月03日

「ボブ・シェパード with 岡本勝之トリオ@もっきりや」 Bob Sheppard(sax,fl) 岡本勝之(b) 安部誠彦(p) 海野俊輔(ds)

BOB1.jpgBOB2.jpgBOB3.jpgBOB4.jpgBOB5.jpg
ボブ・シェパード、超絶技巧とかそういう印象よりは(とは言っても素晴らしいテクニシャンであるのはもちろんです)真にジャズらしいフレーズと疾走感を感じさせる見事なプレイヤーという方が当たっているようです。
やる気満々のリズムセクションを相手に、時に叱咤し、時に受け入れ、時にともに飛翔する、と書くとかっこよすぎですが、でも相性は本当によく、三人の熱演をボブはニコニコしながら嬉しそうでした。
年に一度のこのシリーズ、ビル・ワトラスあたりから始まったウエストコーストの雄たちによるローカルミュージシャンとのセッションライブ、今年は特に良かったように思います。
BOB6.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

「4 VOICES SWING on GOLDEN WEEK」 木村郁絵(p) 川東優紀(b) 川北隆博(ds)福井直秀(fl) 細木優希、瀬川秀隆、ETSUKO、羽広志津子(vo)

_4VO2.jpg4VO3.jpg4VO4.jpg4VO6.jpg4VO5.jpg
もうおなじみ、金沢で活躍するヴォーカリストたちによる楽しい歌のライブ、今回は最近亡くなったペギー葉山さんにちなんだ曲を集めてくれました。いろんないい歌がいっぱい、最後はみんなで「南国土佐を後にして」を、という嬉しいプログラムでした。
和やかな時間はいいですね。
4VO.1.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

「宮田和弥 SLOWCAMP弾き語りde TOUR 2017 "APR&MAY “」

MIYATA1.jpgMIYATA2.jpg
宮田和弥も2010年に最初のソロライブやってから今度が11回目、年2回なんて年もありましたが、今回も満席、おめでたいことです。きっと初期からのジュンスカ ファンもいらっしゃるのでしょう。なかなかヴァラエティーに富んだ顔ぶれで、でも共通するのは「宮田さん大好き」ベクトルがただならぬ量、放射されていることです。GW直前の金沢観光もかねて遠いところからいらした方も多かったと思います。
今回は宮田さん、アカペラでヒット曲メドレーを披露、やんやの喝采を受けてました。
MIYATA3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

「きいやま商店 おもいつきライブ@金沢」」 リョーサ、大ちゃん、マスト、(歌、ギター、三線)

_KI1.jpg
いつもながらに面白い!
三人が入ってきた瞬間からジャニーズにも負けない大歓声、満員のお客さんのハイテンションも時にはいいものです。訥々とした石垣島言葉と吉本っぽいツッコミが混じり合い、やんちゃなロックと切ないバラードが混じり合い、もうもっきりやはカオスの坩堝です。
いい歌もいっぱい、年一回は毎年大騒ぎしたいですね。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

伊藤芳輝TRIO CD「Love is the Answer」発売記念ツアーライブ 伊藤芳輝(g) 箭島裕治(b) 仙道さおり(per)

ITO1.jpgITO3.jpgITO2.jpgITO4.jpg
三人の技がさえ、大きなグルーヴになって空間を圧倒するー正確に描写するとそんな文章になるのでしょうが、現場はもっともっとチャーミングです。驚きと笑いと感動と、音楽はこうでなくっちゃ。
泣きたくなるようなロマンティックな旋律をさらに情熱を込めてしかも時にセンチメンタルに弾ききる伊藤芳輝のスパニッシュギター、6弦ベースがうなる箭島裕治、自由でシャープで、いやぶっ飛んでるという表現が一番似合う仙道さおり、最高の夜でした。
アンコールはもちろん(?!)「星のフラメンコ」。
こんないいライブがなんで入んないんだろう......最後に妖しい一枚を。リベルタンゴなんですが...。
ITO5.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

「男子二楽坊、春ツアー…榊原大/越田太郎丸」 榊原大(p) 越田太郎丸(g)

taroma1.jpgtaroma2.jpg
やっぱりすごいな、と。
久しぶりのお二人でしたが、やはりこんなに聴かせる力の強いミュージシャン達はそうはいません。しかも初めて聞く人でも虜になってしまうような魅力的なメロディーばかり。感動的なライブでした。
ただ、ちょっとお客さんの数が寂しいのが残念、いくらGW前の平日だとしても。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

「空からの手紙…Bossa Marimba Vol. 13…亀井恵&今井亮太郎」 亀井恵(marimba) 今井亮太郎(p)

meg1.jpgmeg2.jpg
二月以来のこの二人、いつも通りハッピーな今井君のピアノはもちろんだけどメグちゃんのアドリブがメロディアスになってきたみたい、スイング感はまだ難しいんだろうけど、曲の聴かせどころは外していません。マリンバはなかなかジャズには難しい楽器だと思うのですが、頑張っています。
meg3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

「三好由美、吉村未来…SONGS from The HEART」 三好由美(vo) 吉村未来(vo,fl) 木村郁絵(p) 武田悟(b) 池畑外雄(ds)

YUMI3.jpg
この日の夜は超満員、さすが美女二人の力だと感心しています。お客さんはみんな彼女たちのファンで一曲ごとに大歓声、彼女たちも気持いいトリオをバックに快演です。
特に今東京、関西のジャズクラブでもよく歌っている三好由美さん、安定感も抜群で、陽性な歌は好かれると思います。華やかな夜に感謝。
YUMI1.jpgYUMI2.jpg
posted by 店主 at 20:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「秋田慎治 solo piano 10th anniversary tour 2017…Decade notes」 ….秋田慎治 昼下がりのピアノソロ

AKI.jpg
穏やかな土曜の昼下がり、美しいピアノとチャーミングなトーク、というわけでおしゃれな女性でいっぱい、とはならなかったのですが、でも熱心なファンは満足そうです。
曲も前半は特にみんなのよく知っている曲がたくさん、古い"Manhattan"も良い感じです。バンドでのキレキレのピアノも良いですが、リラックスした秋田慎治ともお付き合いください。
posted by 店主 at 14:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

「Ugly Beauty…平光広太郎トリオ」 平光広太郎(p)出宮寛之(b) 大森ひろ(ds)

HIRA1.jpgHIRA2.jpg
平光くんがちゃんとピアノトリオでライブするのはこれが初めて、クインテットの時のキラリと輝くソロも良いけど、一体となったトリオもなかなか刺激的です。リズムの二人もとても良い感じ、トリッキーなモンクの曲も穏やかに聞えました。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

「中川敬・諸国巡業ひとり旅2017<金沢篇>」 〜ソウルフラワー中川敬の弾き語りワンマン・ライヴ! 中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)

NAKAGAWA.jpg
遠藤ミチローと中川敬はライブステージに全てをかけます。その姿がかっこいいです。
思いは人それぞれですが、中川敬が訴える姿を聴きながら、聴く者はその思いを昇華させるのです。
このツアーで一番短いステージ(!)と笑っていましたが、それでも2時間半以上、渾身のライブでした。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

「SONAR from Switzerland」 Stephan Thelen (ステファン・テーレン) - Guitar Bernhard Wagner (ベルンハルト・ヴァグナー)- Guitar Christian Kuntner (クリスチャン・クントナー)- Bass Manuel Pasquinelli (マヌエル・パスキネリ)– Drums

sonar1.jpg
写真見ると風雪に耐えてきた姿の男たちが四人、ツインギターにエレベにドラムス、しかもポリリズムにミニマリストと言う文字が踊って、さあ、どうする、もっきりや!ってちょっとは心配だったのです。
これがまあ、やってみると超低音のベースの深いグルーヴを軸に2本のギターが刺激的なリフレイン、どちらかといえばブリティッシュロックのドラムスみたいなアクセントも加わって、かっこいいトランス・ミュージック、もっきりやは突然クラブ・サウンドに満たされてしまったのです。日本のバンドでも何度かこの世界を体現するライブやったことがありますが、甘さの一切ない暗い情熱はやはりヨーロッパのものなのでしょう。
オフの彼らは優しくチャーミング、またね、と言いながら手を振って帰って行きました。
sonar2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

「HERB TEE…春の祭典」 冨樫春生(p) 田中邦和(ts,fl) 岡部洋一(per)

HERB2.jpgHERB3.jpgHERB1.jpg
いやまあ楽しい夜でした。超一流の楽器力を持ちながら、どこか不思議な感性の持ち主が三人(岡部さんは真っ当だとは思うんですが、でも参加しているバンドの個性の広さなど見るとやはり尋常ではありません)、怒濤の如き音の奔流で聴く者をノックアウトします。そんないつも同じことばかりやってて面白いのかい?と言ってるような、こういうのは楽しいよ、って言ってるような、これはきっと他のミュージシャン達への気弱な問いかけなのかもしれません。
打ち上げはもっきりやでそのまま。来てくださった方、ありがとうございました。
HERB4.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

「アコースティック・ウエザーリポート・リリース記念大ツアー in 金沢」 クリヤ マコト(p) 納 浩一(b) 則竹裕之(ds)

AWR1.jpgAWR2.jpg
やっぱりすごいです、ウエザーリポートをピアノトリオで、と聞いた時から、あの複雑な音の流れをどうやって、と思っていたのですが、クリヤさんは見事にシンプルに紡ぎ直していました。ご本人も言っていたように再現とかカバーというそっくりショーではなくて、WRの面白さを共有する楽しみを求めるトリオなのでしょう。
超絶技巧、なんて言葉がありますが、圧倒された一夜でした。
聴いて欲しかった人もまだまだいっぱいいたのですが...。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

"Romantica Quatro 2017" 梶原順(g) 佐藤芳明(acdn) 伊藤ハルトシ(cello,g) 田中倫明(per)

ROM1.jpg
いいミュージシャンたちが集まると、こんなにもウエルメイドで心に響く音楽が出来上がるのですね。
リーダーの田中倫明が描く風景には毒された歓楽の都ハバナ、そこに流れる甘いラテンのメロディー、革命の正しさと失われる郷愁、そんな答えのでない歴史の哀しみがいつもあるようです。
素晴らしい四人の名手達、困難な地方のツアーを追求している姿、素晴らしいと思います。
ROM2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

「Dear Friend…南ルミコ meets 石井康二」 南ルミコ(vo) 石井康二(b)

MINAMI.jpg
関西の元気印南ルミコさん、初めてのもっきりやです。豊かな声とチャーミングなパーソナリティーにお客さんもリラックス、レパートリー豊かな選曲で楽しい夜になりました。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

「春爛漫ツアー….纐纈雅代トリオ!w.田中信正/竹村一哲」 纐纈雅代(as) 田中信正(p) 竹村一哲(ds)

KO2.jpgKO3.jpg

MASAYO SHOUTS & SINGS,NOBUMASA PLAYS, ITTETSU GROOVES....RESULTS ARE INCOMPARABLE !

なんて感想文がすべてかも。3人とも最高、しかも面白い!
やっぱりジャズはいいな。
KO1.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

「Sean Harkness with 中西裕之 @もっきりや」 中西裕之(g) ショーン・ハークネス(g) 後藤洋子(p) 中山トモ(b) 米田雅人(ds)

SEAN1.jpgSEAN2.jpgSEAN3.jpg
先週野「Tribute to STUFF」に続いて最高にファンキーでグルーヴィーなセッションライブでした。立役者はもちろんニューヨークからのスペシャルゲスト、ショーン・ハークネス、素晴らしいテクニックと歌心、ソリッドなギターが聴く者に突き刺さります。ホストの中西君他、金沢のメンバーも一歩も引かぬ熱演で場を盛り上げます。
やっぱすげえな、という素直な感想がすべて、いや、楽しかったです。
アフタアワーはビールや日本酒飲みながらショーンが ♫ときの流れに身を任せ〜♫と名曲を繊細なギターソロで聴かせてくれます。
SEAN4.jpg
これがきっかけになって時々でも来てくれるようになると嬉しいのですが。
みなさん、ありがとう、ご苦労様でした。
SEAN5.jpgSEAN6.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

「ハンバートハンバート…FOLKは続くよどこまでも 2017」 佐野遊穂(vo,harmonica)佐藤良成(vo,g,fiddle)

HH2.jpgHH3.jpg
今年もハンバートの歌を聴くことができました。しんみりしたり笑ったり、この人たちの世界はもう出来上がったようです。そんな部屋にちょっとお邪魔して、いつもは四角にしか見えないものが上から見るとまあるく見えることを発見するような、ちっちゃな楽しさを見つける短い旅がハンバートとの2時間です。
聴き終わって帰路に着くみんながそんな楽しさを持ち帰ってもらえたら、こんな嬉しいことはありません。
HH1.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

「あがた森魚『近代ロック』発売記念ツアー」 あがた森魚(vo,g,p) 「あがた森魚『近代ロック』発売記念ツアー」 あがた森魚(vo,g,p) 「あがた森魚『近代ロック』発売記念ツアー」 あがた森魚(vo,g,p) 「あがた森魚『近代ロック』発売記念ツアー」 あがた森魚(vo,g,p)

AGATA1.jpg
あがた森魚さんは僕よりひとつ上なんですが、見てた映画やラジオから聞こえる洋楽やテレビで見た歌やドラマはきっと同時代、だから選ばれた言葉がみょうに懐かしく、変に親近感を覚えてしまうのです。
あがたさんはきっと一緒にしないでくれと言うだろうけど、横にいた女の子や学校の先生までが既視感で浮かんでくるのです。そろそろ70だろ、何恥ずかしいこと言ってんだよ、と言われるのは承知の上で、至福の時間でした。お涙頂戴、何が悪い!
早川義夫とあがた森魚は乙女幻想から逃げられない高齢者たちの宝物です。
AGATA2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする