2017年06月26日

「広瀬未来+3 ARROWS」 広瀬未来(tp)渡辺ショータ(p)出宮寛之(b)崎田治孝(ds)

HIRO5.jpgHIRO2.jpg
広瀬くんが当時滞在中のニューヨークから自らがリーダーのクインテットで初来日(!)ツアーをくんだのは20歳の時だったそうです。あの時のもっきりやでのライブは鮮烈に憶えています。ジャズに燃えるヤングライオンズといった感じで自分たちのプレイに迷いも何もない一直線の思いが伝わってくる素晴らしい演奏でした。
今回は名古屋のフレッシュトリオ"THREE ARROWS"とのカルテット、いろいろ考えることも増えたようで、でもそのトランペット・プレイのまっすぐさは何も変わっていません。広瀬くんとピアノのショータくんのオリジナル中心のプログラムも聴かせます。
アフタアワーはキムや川東、まりの達も入っての軽いお手合わせ、いい感じです。
(この頃写真に失敗が多く、一部しか載せるのに耐えられません。すみません)
HIRO1.jpgHIRO3.jpgHIRO4.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

「松本圭司/須藤満 DUO 2017」松本圭司(p) 須藤満(eb)

MA3.jpgMA1.jpgMA2.jpgMA4.jpg
こういうすごい人たちが自由なコンセプトで制約なしに好きなことをするとどんなライブになるか、というとこの夜のようなことになります。
すごいですね、面白いですね、スリルいっぱいですね、と淀川長治さんみたいな感想しか出てこないほどただただ聴衆を圧倒します。今さらながらあの頃のフュージョンバンドの名手たちのレベルの高さに感服です。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

「梵人譚(ぼんじんたん)金沢公演」 坂田明(as,cl,vo) ジム・オルーク(b) 山本達久(ds)ジョヴァンニ・ディ・ドメニコ(p)

SAKATA1.jpgSAKATA2.jpg
少し前ならこの梵人譚(ぼんじんたん)というバンドの音楽、いろいろと難しいこと書きたくなったと思うのですが、67歳で聴くこの2時間の体験は、ただただこのミュージシャンたちに対する称賛でいっぱいになりました。坂田さんの山下トリオを聴いてからほとんど40年、あの時の衝撃に負けないほどの感銘を覚えています。
世界の異能の名手たちと作る音とリズムの激しい交差は、確実に今の音楽に届いているし、にもかかわらずずっと流れている哀愁は長い人生がなくてはなし得ない味付けと言えるでしょう。
4人とも素晴らしい!
富山からCHIKOちゃんがお母さんときてくれました。CHIKOのお父さんは坂田さんと一緒に音楽やってたことがあるそうで、お母さんも懐かしそうに話し込んでいました。
で、打ち上げです!
SAKATA3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

「リクオ…ニューアルバム『Hello!Live』発売記念ツアー」 リクオ(vo,p) O.A.:「MOMO meets T.K.」MOMO(vo) T.K.水野(g)

riku2.jpg
1年ちょとというリクオにしては久しぶりのライブなんですが、なのになのに、シャウトしてるリクオの写真、ことごとくピンボケっていうか失敗作です。きっと正面からのいい写真も誰かが撮ってると思うので、こちらはバックステージなものなんかを。
久しぶりのリクオはやっぱり素晴らしく、一瞬にして客席を味方につけるあのグルーヴは彼だけのものでしょう。今回は新作を中心のポジティヴな構成ですが、みんないい曲ばかり、結果MOMOちゃんの歌うソウル・スタンダードに負けないノリのいいライブになりました。
MOMOちゃんもちゃんと歌うのは久しぶり、相変わらず抜群にうまいディクションや魅力的な声が素敵です。
アンコールでのリクオとのデュオもぶっつけにしては二人の歌のピッチがあって素晴らしい出来になったと思います。
というわけで打ち上げには坂田さんたちも顔を出してくれ、そのままペーパームーンでの2次会、ノーマイクでのMOMOちゃんがリクオのピアノで歌ったり(ペーパームーンにはピアノがあるんです)と楽しい夜は更けていきました。
riku3.jpgriku7.jpgriku5.jpgriku6.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

「 タンゴセッション!〜アルゼンチンとインド、バンドネオンとタブラの出会い〜」 早川純(バンドネオン) 吉見征樹(タブラ)

TANGO1.jpg
今のジャズからは主流とは扱われていない楽器となぜか相性のいい吉見さん、もちろんインドのタブラという楽器だからなんでしょうが、これが奥深い魅力です。音階(?)まで出せるんだから。
今回はバンドネオン、すっかりアコーディオンに取って代わられた印象もありますが、この楽器の持つ暗いリリシズムはバンドネオンだけのもの、タンゴという世紀末的デカダンスにはぴったりの音色です。
濃くて派手なライブのスケジュールに挟まれて埋もれてしまいがちな夜でしたが、それでも来てくれた方、きっと十分満足されたと思います。
TANGO2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

「DUO CHUVA -雨のデュオ-再会する、鍵盤と鍵盤の心地よい雨音 Bossa Marimba vol. 15….亀井恵/今井亮太郎」

MEG2.jpgMEG3.jpg
ほぼ2、3ヶ月に一度の割合で精力的にライブを続けているMEGちゃん、曲作りの方も好きなようで、ここんの名曲に交えて自分のオリジナルも披露してくれます。
今井くんのサポートもあって毎回ファンの人たちの拍手を浴びています。
MEG1.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

「木村充揮 弾き語りライブ@もっきりや」 木村充揮(vo,g) O.A.: 李知承(イーチスン)with芳賀まさひろ

KIMURA1.jpg
やっぱいいねえ。
僕ら、本当に楽しい時代に20代や30代、いや今の60代までリアルタイムでこんな人たちの歌を聴いてこれたんだというのは、なんていうか、お金持ちの家に生まれたというのに負けないくらいの幸せではありますまいか?
なんて馬鹿なこと書きたくなるくらい、夢中になれる2時間でした。
一つだけ、「石狩挽歌」は最後まで聴きたかった、今度は歌ってください。
KIMURA2.jpgKIMURA3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

「ヒカシュー2017 金沢公演」 巻上公一(vocal,theremin,cornet)三田超人(guitar)坂出雅海(bass) 清水一登(piano,syrhesizer,bass-clarinet)佐藤正治(drums)

HI1.jpgHI2.jpgHI3.jpg
実に37年ぶりのヒカシュー、前回と同じメンバーは巻上さんとギターの三田さんの二人で、でも他の3人も日本の音楽会に巣食うツワモノたちばかり、ファンキーでパンキーでロックンロールでアブストラクトで時にセンチメンタルという、まあ、いい意味で年齢が味方する複雑かつシンプルな音楽性に圧倒されるばかりです。
5人の達人たちによるめくるめく音のカレイドスコープ、堪能しました。
あと、やっぱり年の功というか打ち上げでの話が面白かったですよ。
HI4.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

「CHAKA…You Make Me Feel Brand New」 Chaka(vo)中島徹(p)日景修(b)

CHAKA.jpg
やっぱりCHAKAさんはいいなあ、と。
歌い出した時のこのきりっと引き締まった空気はなんなんでしょう。
シンプルなバラードもスキャット駆使したアップテンポの曲もきっちり歌ってくれるこの魅力、安定感というのとはちょっと違うんですが(だって、スリルいっぱいなんだから)ジャズヴォーカルのダイナミズムとそっと寄り添える優しさとを、どちらも感じさせてくれる素晴らしい夜でした。二人の演奏も見事、"It had to be You"なんか本当に良かったな、まあ、好きな歌だってことなんですけど。
中本さんが撮ってくれた写真です。
CHAKA2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

「I Fall in Love too Easily…TOMO SINGS !」 中山トモ(vo) 丸杉俊彦(tp) 林真信(g) 高雄飛(p) 古谷健登(b) 長田悟(ds)

TOMO1.jpgTOMO2.jpg
インストちゃんとできる人は歌も例外なく歌えます。(声の好き嫌いはあるとしても)TOMOくんはさすがにセンスは良く、あまり深刻がらずにセクシーに、いい感じで飛ばします。
バックバンドも好演、途中でおまけのハヤマサのヴォーカルも加わってなかなか楽しい夜になりました。
選曲もいい感じ、また近いうちやりましょう。今度はデュエットも入れて。
TOMO3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

「MALAIKA〜天使〜…CHIKO SINGS」 CHIKO(Vo),廣井謙次(Gt),木村郁絵(P),中山トモ(Ba),ヤチシンヤ(Ds)

CHIKO1.jpgCHIKO2.jpg
何度かゲストとして歌ってくれたCHIKO、ずっと思っていたのはスタンダードより今の歌やソウルやロックの方が彼女にはあってるんじゃないかということ。
で、今回はその辺りと彼女のルーツ、アフリカの魅力的な曲を。
バンドもしっかり音出して、CHIKOの歌も全然それに負けてない、かなりいいレベルのライブになったと思います。彼女の素質はやはり素晴らしいな。
CHIKO3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

「SUNNY…山田ゆきセカンドアルバム・リリース・ライブ」 山田ゆき(vo) 椎名豊(p) 北川弘幸(b) 広瀬潤次(ds)

yuki2.jpgyuki3.jpgyuki1.jpg
何年ぶりかの山田ゆきさん、歯医者さんしながらのジャズヴォーカル、天性(だろうと思うのですが)の明るさとダイナミックなシャウトを交えての熱演、椎名豊トリオが最高のピアノトリオでアシストします。
お母さんが金沢出身ということでいろんな方が集まってくださり満員の大盛況、みなさん、楽しいショウに満足されたようです。
ほとんど20年ぶり以上の椎名豊、ジャズ維新派などとネーミングされ、日本のジャズのヌーヴェルバーグとして(しかも伝統的なイディオムに則ったスタイルで)ファンを熱狂させたあの時期が懐かしく思い出されます。みんな若くって燃えてました。
久しぶりに聴く彼のピアノ、見事なものでした。もう一度、あの頃のメンバーで聴いてみたいなと切に思いました。池田篤=原朋直=椎名豊=井上陽介=広瀬潤次なんてきっとすごいだろうな...。
素敵な山田ゆきさんの写真をもう一枚。
yuki4.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

「もっきりや46周年ライブ」 三瀬まりの(tp) 神崎暁史(ts) 安部誠彦(p) 川東優紀(b) 中沢宏明(ds) and Others

46th5.jpg46th2.jpg46th3.jpg
46周年記念ということで書けばいっぱい書くことあるのですが、まあ、集まってくれた人たちと楽しい時間を過ごせました、美味しいものもいっぱい頂きました、ということで。
とにかく感謝です。
この5人も快調、歌ってくれた皆さんにも感謝!
46th4.jpg46th1.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

「ジュスカグランペール…ジュスカと世界旅行」 高井博章(g) ひろせまこと(vln)&ヤマダベン(per)& special guest CHIKO(vo)

JU2.jpgJU3.jpg
楽しい夜でした。久しぶりのファンの方も顔を見せてくれてたっぷりとしたメロディーとロマンティックな曲に酔っていたようです。パーカッションの山田ベンくんの参加で特にスパニッシュやラテン系の曲が生き生きしてましたし、ベタに美しい「愛の参加」も聞きものでした。
夜中、彼らは律儀に「アロス」まで遠征、一曲披露してきたようです。
飛び入りのCHIKOちゃんも相変わらず素晴らしい!
で、こんな写真に。
JU1.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

「大西順子トリオ クラブツアー2017」 大西順子(pf)、粟谷 巧(b)、高橋信之介(ds)

JUN1.jpgJUN2.jpgJUN3.jpg
このライブの音楽的内容はどうも僕には書けそうにありません。ただ「凄い」なんて言葉を連発するだけで終わってしまいます。でも会場に漂う緊張感やいつものライブとは全く違った音楽の姿勢の正しさについては書けそうです。20何年ぶりの大西順子、前回は向井滋春クインテット、あの時でさえピアノの存在感は圧倒的でした。
今回もピアノの鍵盤を客席に向けるピーターソン・スタイル、なんとも難解な難解な旋律と構成が独特な世界を作ります。日本ジャズ界のトップランナーとしての自負に加えてジャズに対するピュアなリスペクトが生み出した結果なのかもしれません。
後半、2部での「普通のジャズ」がホッとさせてくれるのも逆説的にこのライブの凄さを証明しているのでしょう。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

「THE TRIO 2017…吉田美奈子/森俊之/井上陽介」

mina1.jpgmina2.jpg
20分ほどの休憩を挟んでの3時間近い熱演、まさにデモーニッシュな、一曲一曲が鬼気迫るパファーマンスです。聴く者にとってもほとんど一対一で語りかけてくるような強い方向性に心を掴まれます。
「春よ 来い」も「おやすみ」もそしてもちろん「THE LIFE」も、一人一人の心の中の秘密の部分にさえ入っていくようです。
素晴らしいピアノもベースもそして美奈子さんの絶唱も、"The Results are Incomparable !"という言葉がふさわしいと思います。ありがとう、という記念写真、僕も入れてもらいました。
mina3.jpgmina4.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

「CHAI-CHEE SISTERS with 富永寛之/高瀬裕」 SARI(紗理)、YUKA(出口優日)(vo) 富永寛之(uklele)高瀬裕(b)

CC1.jpgCC2.jpgCC3.jpg
楽しい夜でした。歌って踊ってご機嫌なウクレレとウッドベース、ハッピーでどこか懐かしい歌の数々。
ジャズ未体験なんて人に見せて、聴かせてあげたいな、と。
チャイチーという語感もヤノピとかパツラとかスーベとかナオン、これはちょっと違うか、でも可愛い不良バンドマン言葉、なんていうか、とにかくこの晩だけはみんな忘れて楽しもうよという幸せなライブでした。
チャイチーのお二人も衣装も含めてちょっと軽くてチャーミング、名手二人にサポートされての最高のステージでした。
CC4.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

「THE BOCOS 「エプロン凱旋ライブ」…市川和則/見田論」 市川和則(羊毛とおはな)、見田諭(MITATAKE)(vo,g)

BOCOS.jpg
「羊毛とおはな」の市川和則と「mitatake」の見田諭のギターデュオなんですが、見田君のヴォーカルを全面的にフューチャー、しなやかなサウンドが昼下がりのカフェみたいな雰囲気で流れます。
土曜の夜なので勿論みんなもっとリラックスしてグルーヴィーなんですが、でもこのBOCOSの魅力は優しいサウンドや詩にあると思います。スタッフもみんな仲良しでこんな世界もいいものです。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

「Marter New Album Release Tour "This Journey" feat. 吉村勇作」

MARTEL.jpg
金沢出身の吉村君がMarterという不思議なセンスのシンガーソングライターとともに3年ぶりくらいでしょうか、もっきりやでのギグです。
今回はキーボード使わずにピアノだけ、センシティブなサウンドがなかなか魅力的です。歌うMarterも印象的なヴォイスとフィーリング、ヒーリングミュージックに近い世界は新鮮でした。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

"THE HIKIGATARI JOURNEY 2017…藤井一彦(THE GROOVERS)” 藤井一彦(vo,g)

FU1.jpg
メロディアスにロックする、クールに見えて実はセンチメンタルな面もきっとあると思っていたのですが、この夜のライブ、思ってた以上に気の入った熱いものになりました。ギターも歌も、いや、プレゼンス自体がカッコイイ。やっぱりロッカーです。
夜中、ペーパームーンで阿久悠自選のアルバム聴きながらいろんな話をしました。いい夜でした。
FU2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする