2017年10月27日

「来て観て 帰って観て…ガレージシャンソンショー DVD Release TOUR」 山田晃士(vo,g)佐藤芳明(acdn)

GS3.jpgGS1.jpg
この日も濃くって熱い!ノスタルジックで扇情的な美しいメロディーに乗せて下ネタ、風刺、なんでもありの雑多な歌が歌われます。下品でなぜかピュア、鬱積した庶民の気持ちを歌ったのがフランスのシャンソンの始まりだとすれば、これこそが「ガレージシャンソン・ショウ」の名にふさわしい夜、一つ間違えれば空騒ぎになってしまうステージを引き締めたのはやはり二人の卓越した歌とアコーディオン、年に一度は会いたいですね。
GS2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

「TIMELESS…KEIKO LEE SINGS」 KEIKO LEE(vo) 野力奏一(p) 岡部洋一(per)

KEIKO1.jpgKEIKO2.jpgKEIKO3.jpgKEIKO4.jpg
いいライブでした。改めて歌の力、魅力、魔力を知らされた夜です。
この夜の特別な感触ってなぜなんでしょう、お客さんの熱い思いがこうさせたとしか言いようがありません。
一曲目のビートルズの "Oh Darlin'"が歌い出された瞬間のあのどよめきにも似た空気が、聴くがわと演るがわがぴったりとあわさった瞬間の証明です。ユーミンの何曲かや玉置浩二のワインレッドは歌は作ったものだけのものではないことを教えてくれますし、シャープなアレンジのキャラバンはKEIKO LEEが最高のジャズ歌手であることを証明しているようです。
年に何度もない特別の夜、いられた人は幸運です。
KEIKO5.jpgKEIKO6.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

「木村大 ふらっとソロギター 」木村大(ギター)

kimura.jpg
クラプトンの"Change the World"に始まってチックの"Spain"まで圧巻のステージでした。想像とは全く違ったMCもご愛嬌、凄み溢れるソロ・ギターの世界に圧倒された90分、やっぱりすごいなあ!
kimura bw.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

「キヨシ小林…Nothing But The Ukulele !」 キヨシ小林(ukulele)  O.A. : MAKO(ukulele) 藤本美和(tp) 須藤雅彦(g) 古屋健登(b)

KOBA1.jpgKOBA3.jpgKOBA5.jpgMAKO.jpg
台風直撃の夜、なのにいっぱいのお客さん、キヨシさんもびっくりしていました。でもウクレレはやっぱり目の前でみたい、聴きたいですからね。あの小さな楽器でなんでもやってしまうんだから。
和やかでお客さんも笑顔のいいライブでした。キヨシさんの至芸に目を丸くしながら楽しそうな子供達にもいいステージだったと思います。
OAは15歳のウクレレジェンヌMAKOちゃん、美和ちゃん達のサポートで初々しくデビューです。
そしてアンコールにチャンピオンも登場!
KOBA2.jpgKOBA4.jpg
posted by 店主 at 19:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「南壽あさ子…"forget me not” tour 2017」 南壽あさ子(vo,p)  OA:ポセイドン石川(vo,p)

NASU.jpg
ファンでいっぱい、こんな台風なのに遠くからのお客さんも多いらしく、ライブ前のざわざわした感じがなんかライブらしいな、などと。
南壽あさ子さんの歌は端正で優しく透明で、とみんなの感じることを並べてしまいます。
今時なのにきちんとしたメロディーと歌詞は僕は好きです。
OAは達郎フリークらしいポセイドン石川こと今村大祐、おっと思うくらい似ています。
ポセイドン.jpg
posted by 店主 at 13:30| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

「ヒグチ アイ…好きな人の好きな人 -- 巡業編 −」 ヒグチアイ(vo,p) /SAKi&the factor

HIGUTI.jpg
2度目のヒグチアイ、ちょっとキツ目の曲が個性的です。こんな風にいろんな詩を書いてみる頃って誰にもあったと思うのですが、それを歌にして他人の前で歌うのはきっとまた別のことなんでしょう。
ちょっと竹原ピストルみたいな向かい方が魅力的です。
OAは長野からのデュオSAKi&the facto、ヒーリングミュージックなんでしょうか、時にドリーミィーなヴォーカルが違う空間を作ります。
SAKI.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

「HARCO Last Tour 2017 「あらゆる方角へ」」 HARCO(vo,p)

HARCO.jpg
HARCOの名前で歌うのはこれが最後というツアー、これまでの20年くらいを駆け足で覗いてみる、そんなアプローチがいい感じで、特にデビューの頃作った曲の初々しさ、アイドルの子が歌ってもぴったりの感じはなんかよかったです。
HARCO2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

「大口純一郎セッション!…After Hours」 大口純一郎(p) 中山トモ(b) 中沢宏明(ds) 他

OH1.jpgOH2.jpgOH4.jpgOH3.jpg
さすがに日曜日のトリオみたいなわけにはいきませんが、でも不思議な大口さんのグルーヴに翻弄されながらもついていく地元のメンバーたち、聞きがいはあります。それにしても学生諸氏はどこにいるんでしょう、こんな機会逃して...。
こんなになんでもできる人たちでも一緒にやれるの楽しみにしているのに。
OH5.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

「高免信喜TOUR from NEW YORK」 高免信喜(g) 棚橋俊幸(b) 會川直樹(ds)

TAKA.jpg
高めんさん、もう10年以上になるんじゃないかな、毎年堅実に日本ツアー、そして毎回、確実にパワーアップしています。今回もオリジナル曲がみんな魅力的、なんとかいっぱい入って欲しいのですが。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

「大口純一郎トリオfea.米木康志/本田珠也」 大口純一郎(p) 米木康志(b) 本田珠也(ds)

OO1.jpgOO2.jpgOO3.jpg
かっこいいなあ、ハードボイルドだなあ、モダンジャズだよなあ、と嘆息が止まりません。
三人の素晴らしいジャズマンたち、珠玉の曲が彼らの深いジャズへの愛情に包まれて次々と披露されていきます。
三人の素晴らしさをどう書いても実際の目の前での演奏を再現することはできないので、ぜひぜひ次の機会、もう一度ジャズのすごさを体で感じてくださいね。
OO4.jpg
posted by 店主 at 19:30| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「YUKA&TOMO…CHEERFUL AFTERNOON !」 YUKA(出口優日)(vo) 布上智子(vo) 木村郁絵(p)

TOMOYUKA.jpg富山でのイベントの後、日曜のお昼の楽しいリラックスしたセットです。アーリーアメリカンの曲にはぴったりのYUKAさんとサンバのTOMOちゃん、おしゃべりもいっぱいの2時間でした。
posted by 店主 at 14:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

「Latino 2017 @ MOKKIRIYA」 三瀬まりの(tp) 福井直秀(fl) 木村郁絵(p) 川東優紀(b) 大桑宇一郎(ds) TOSSY(per)

LATINO1.jpgLATINO2.jpgLATINO3.jpg
地元のメンバーだけによる精鋭ラテンバンド、アフロキューバンなジャズもあればチャキチャキのマンボもありという楽しい構成です。
前日のMITCH ALL STARSのすごすぎたので割を食らった分はありますが、それでも楽しいステージでした。KIM、健闘です!
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「MITCH ALL STARS 2017…Do You Know What It Means To Miss New Orleans」 MITCH(tp,vo) 北原雅彦(tb) 武井努(sax) 富永寛之(g) 工藤精(b) 永田充康(ds)

M4.jpgM2.jpgM1.jpg
いいライブを聴くと安直に「今年最高」だの「今までで一番」とか言っちゃうのですが、この夜は掛け値なし、最高のスペクタクル・ショウでした。
満員のお客さん、ハッピーアワーで英気をつけたバンドマン達、一曲目のバップ・チューンから全力疾走です。白眉はやはりあざとくも鮮烈な「セントジェームズ・インファーマリー」、浅川マキと南里文雄の切ない「セントジェームズ病院」が残ってはいるのですが、この六人の深いグルーヴの前にはやはり脱帽というしかありません。
最高のライブが時々感動の域まで行ってしまうことがあるのですが、この日はまさにそんな日、来てくれたお客さん、堪能されたと思います。
M6.jpg
どうです、みんなの笑顔、50歳すんでも少年のようではありませんか!
M5.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

「A Song for You…平光広太郎トリオ」平光広太郎(p)出宮寛之(b) 大森ひろ(ds)

HIRA1.jpgHIRA2.jpg
平光広太郎トリオ「The Trio Vol.1」と、懐かしいハンプトン・ホースの名作にトリビュートしたような新作の発売記念ツアー、内容は素晴らしかったのですが、お客さんが寂しくって。彼ら三人には申し訳なかったなあと。
スインギーで魅力的な選曲、リズムもよくバランスが取れてとてもいいトリオだと思うのですが。これだけジャズストリートとかいっぱい出演してるアマチュアのミュージシャンいるはずなのに、聴きに来てくれないってのはやはり僕の宣伝不足なのかなあ。こんないいトリオで歌ったり演奏したりしたくないのかなあ、などと愚痴は止まりませんが...。次はいっぱいにするぞ!
ベースの川東がシットイン、拍手です!
HIRA3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

「ヒックスヴィル アコースティックライブ」 HICKSVILLE:真城メグミ(Vo)中森泰弘(Gt,vo))Vo木暮晋也(g,vo)

HIC1.jpgHIC2.jpg
楽しいなあ、こんなバンドサウンドがいっぱいあった頃って1980〜90年くらい、CHAKAさんのPsy・Sや野宮真貴のピッチカート・ファイブとか、もちろんみんなそれぞれ違うけど、そんなのを目の前で聴けるのは嬉しくなってしまいます。
HIC3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

「SWINGIN’ ON FULL MOON」 細木優希、カワダユカリ、吉村ミク、ETSUKO(歌)高雄飛(p) 河合翔平(b) 丸杉俊彦(tp)

4-3.jpg4-5.jpg4-6.jpg4-2.jpg4-1.jpg
お月さんがテーマというので「MOON DANCE」なんか出てくるかなと思ったのですが。
でも、なかなか粋な選曲、バンドの人は困ったかもしれませんが、選曲の自由ってのは歌手の特権ですから。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

「布上智子とひじりびと」 布上智子(vo) 長澤紀仁(g) マツモニカ(hrm) 井手野敦(perc) and 木村郁絵(p)

TOMO2.jpgTOMO1.jpg
いいライブでした。連日のイベントでさすがに満員というわけにはいかなかったけれど、内容的には本当にレベルの高いサンバセッションになったと思います。「ひじりびと」のグルーヴに加えてゲストの木村郁絵のジャズテイストのピアノが新鮮な刺激になって、素敵なステージが出来上がりました。
もちろん布上智子のノリの良さ、舞台度胸は三重丸です。
TOMO3.jpgKIM-1.jpg

2017年10月02日

ジェームスアンドチャーリー tour 2017「5 & FESTA 」 谷川正憲(UNCHAIN)(vo,g) 綾部健司(U&DESIGN)(key)

_J&C.jpg
なんの知識もなく、もちろん初めて聴いたんですが、これがいいんです。綾部くんのエッジの効いたちょっとアウトサイダー的なギターが独特の空間を作ってヴォーカルもはまります。UNCHAINというバンドも知らなかったのですが、人気あるのわかります。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

「中嶋ユキノ…空色のゆめ旅 2017」中嶋ユキノ(vo,p) 若森さちこ(per,vo)

YUKINO1.jpgYUKINO2.jpg
豊かで気持ちのいい声が何よりも魅力です。そして丁寧な歌詞とキャッチーなメロディーライン、楽しく聞かせてもらいました。サポートの若森さんのシャープなパーカッションもいいアクセントになっていました。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

「松田亜世@もっきりや」 松田亜世(vo,g) 多ヶ谷樹(vln) &望月彌名子(from松月)(vo)

ASEI1.jpg
亜世君の変わらぬ真っ直ぐなうた、今夜もそのままに。
いつもながら熱心なファンの方々も健在です。
ASEI2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする