2017年03月19日

「T字路s ニューアルバム「T字路s」リリースツアー金沢編」 伊東妙子(Gt,Vo)篠田智仁(B / COOL WISE MAN)

T1.jpgT2.jpgT3.jpg
T字路sがこんなに人気が出て(それも熱狂的、SOLD OUT!!)とても嬉しいです。
デビューしてすぐ、場末に咲く一輪の花みたいに「野良犬にさえなれなかった」と歌っていた姿は忘れられません。COOL WISE MANも良かったなあ...なんていうか、熱狂的に支持する若いファンに埋まった店の中で、どこか自分を納得させているような、不思議な時間でした。
ともあれ、圧倒的な彼らのステージは最高でした。
打ち上げのペーパームーンでサザンの関口さん御一行と一緒になり嬉しい記念写真を。忙しかったけど楽しい日曜日でした。
T4.JPG
posted by 店主 at 19:30| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「クロマチックハーモニカとアコーディオンの午後…あらいなおこ/井川ユミコ」 あらいなおこ(クロマチックハーモニカ) 井川ユミコ(アコーディオン)  ゲスト 石川ひさと、楠木しんいち(ギター&ボーカル)

ARA1.jpg
石川ひさと、楠木しんいちさんの骨折りで京都の素敵なインスト・デュオのライブができました。クロマチックハーモニカとアコーディオン、牧歌的なオリジナルからピアソラまで、日曜日の昼下がりにはぴったりのサウンドでした。久しぶりの楠木しんいちの良き時代のフォークソングらしさも、いい感じに場が和みました。
ARA2.jpg
posted by 店主 at 14:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

「浜崎貴司 弾き語りツアー "LIFE WORKS LIVE 〜Since2011/終わりなきひとり旅”」 浜崎貴司(vo,g)

HAMA1.jpg
やっぱりかっこいいわ、この人。
ファンの熱い視線、って確かにあるものなんですね。
HAMA2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

「Sinikka Langeland・シニッカ・ランゲラン …“The Magical Forest” Tour」 シニッカ・ランゲラン(歌、カンテレ)

SIN1.jpg
シニッカ・ランゲランというアーティスト、ノルウェイの森の中の小さな村に住み、自然の音の中で古いフィン語の詩をカンテレの繊細な調べにのって歌う、ある種巫女のような存在なのかもしれません。
フィン族の森に吹く風に溶け込むような歌声も魅力ですが、チェレスタにも似たカンテレの音色もまた魅力です。
ライブの終わる頃、金沢に滞在していたリュートの高本一郎さんが顔を出してくれ、珍しくもアフタアワー、カンテレとリュートのコラボ・セッションが始まりました。相性のいい二つの楽器、残っていた人には最高のプレゼントでした。
SIN5.jpgSIN4.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

「いま、君に逢いたい 2017...高本一郎」 高本一郎(リュート、バロックギター)

TAKAMOTO.jpg
3月の冷たい雨が降る窓の外ですが、店内は繊細でロマンティックなリュートの調べ、数は少ないけど熱心なファンの方に囲まれてファミリアーないいライブでした。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

2017 金沢大学モダンジャズソサエティー卒業ライブ

MJS2.jpgMJS1.jpg
恒例の卒業コンサート、ほとんどの人が1年ぶり以上の楽器を持つブランクがあったということですが、楽しくスイングする曲選べばいいのに、あえてコンテスト用の難曲に挑戦、まあ、これもいい思い出なのかも。
MJS3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

「 “...and the SOUL remains” release tour “…椎名純平」 椎名純平(vo,p)

JUN.jpg
本当に初めて聴く椎名純平さん、これがなかなかに良かったのです。この世界にいなければ絶対に身につかないシンガーとしての色気がスマートなソフトソウルやポップスを飾り、自分のフェイヴァリット・チューンを歌う時、その歌への愛情が溢れる、なかなか出会えない時間でした。モモホリックのモモちゃんが聴きに来てくれて、楽しそうにハミング、いい感じです。
MOMO.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

「初登場!KAMSAKOM featuring 天野清継」 天野清継(g)、太田 剣(sax)、須藤 満(b)、天倉正敬(ds)

KASA1.jpgKASA2.jpgKASA3.jpg
名実ともに。と言ってもこのKAMSAKOMって名前は初めてで、ライブの終わった今も意味よくわからないんですが、素晴らしい四人でした。楽器ができない分上手い人に憧れるのは素人の悲しさですが、それにしても、さあどうだ、と見せつける、いや、聴かせつける(??)テクニックと豊かな音楽性は見事です。
書きたいこといっぱいですが、今はあの凄まじいサウンドをもう一度頭の中で追体験するだけ、みんな最高でしたが初めて聴くドラムスの天倉正敬、びっくりです。
KASA4.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

「"Around the World...MICHIKO SINGS, YOSHIMITSU PLAYS”…中本美智子/村山義光DUO」 中本美智子(vo) 村山義光(g)

MURA2.jpgMURA3.jpg
YOU TUBE見た人がみんな凄いねと言う関西ギター界の秘密兵器(笑)村山義光さんが地元金沢の人気ボーカル中本美智子さんと組んでのデュオ、凄いインストの鬼とふんわり美智子さん、どうなることかと思っていたのですが、さすがのプロフェッショナル、カバーするところはカバーして楽しい2時間になりました。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

「あしたのおと/ヒグチアイ「百六十度」ツアー」

HIGUTI.jpg
昨日は夕方から6組のシンガーソングライターの人たちが登場、それぞれの思いを歌にした出会うことのあまりない世代の人たちを興味深く聴かせてもらいました。
その中ではやはりこのヒグチアイさん、僕はまだ聴いたことがなかったのですが、繊細だけど骨っぽいソングライティング、シャウトも聴いてる人にストレートに迫ります。この歌「備忘録」は、聴きながらどこかでアナマキや竹原ピストルが歌った「ファイト」を思い浮かべていました。
また一人聴き続けたいシンガーを知りました。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

「2017 SKBB卒業コンサート」

skb2.jpg
恒例のSKBB卒業ライブ、今年も二人が転勤などで金沢を離れるようです。
ま、狭い日本、またきっとすぐに一緒に演奏できる日が来ると思います。
それよりもいつも思うのですが、ビッグバンドだとこんなにグルーヴィーに演奏できるのにコンボのセッションになるとどうしてこう淡白になってしまうのでしょう?
これもまた永遠の課題かも。
skb1.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

「桃の節句に金沢で…スタンダードの花束 meets 臼井優子」 臼井優子(vo)& 三瀬まりの(tp) 宮下潤(g) 川東優紀(b)

USUI1.jpgUSUI2.jpg
春3月はこんな楽しいライブでスタートです。
スタンダードの花束第11夜、一曲4分以下、という今時珍しいくくりもラジオの時代の曲には相応しいようです。いい感じにまとまってきた3人に今回はスペシャルゲスト、大阪から臼井優子さん、華やかでセクシーでちょっとおばさんの楽しさもある素敵なヴォーカリストです。
お互いの相性もぴったり、初めてなのにとても楽しそう、お客さんも一緒に嬉しそうです。
こんなライブばっかりなら年取ることも全然嫌じゃないのに。
打ち上げもいつも通り「いたる」〜「ペーパームーン」で。美味しくいただきました。
USUI4.jpg
ガレタッソの二木くんが撮ってくれたいい写真です。
usui5.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

「権上康志クインテット"GROOVE MERCHANT”」 権上康志(b) Aaron Bahr (tp) 三富悠斗(ts) 末永尚史(p) 小田桐和寛(ds)

G1.jpgG2.jpgG5.jpg
クインテットはハードバップの華、よく知ってる曲も含めて楽しいライブになりました。みんなの個性も適度に折り合いニューヨークで現在活躍中というより、関西のジャズグループっぽい親近感の方が感じたかもしれません。メンバーは一人一人秀逸でソロもたっぷり、楽しませてもらいました。
G3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

「GREAT ENCOUNTER…SHIHO&桑原あい…Happy Birthday, SHIHO !」

AS2.jpgAS3.jpg_AS1.jpg
こんなライブができたこと、ただただ嬉しく、お二人に感謝。ついでに集まってくれた熱心なファンの皆さんにも。そしていっぱい美味しいものを届けてくれたお蕎麦屋さんの藤井くんにも!
感想なんて書いた瞬間から無味なスケッチになってしまいます。ただただ心の中と嬉しい記憶の中に!
AS4.jpgAS5.jpgAS6.jpgAS9.jpg
最後の写真はもっきりやでのトム・ウエイツのライブ写真を持ってくれたSHIHOさん、同時代だったらそれこそ「GRAND ENCOUNTER」になったのにね。
AS10.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

「Sweet Swingin’ Valentine Week End 」細木優輝、河野和子、濱明子(vo)木村郁絵(p) 中山トモ(b) 中沢宏明(ds) 三瀬まりの(tp)

217.jpg218.jpg
数日遅れのバレンタイン、土曜日だったからかたくさんのお客さんに集まってもらえました。歌の3人もそれぞれ興味深いレパートリーで登場、インフルエンザになっちゃったみたいな中沢くんの欠席を埋めてくれるような熱演でした。(ドラムレスで「スペイン」やる勇気、とかね。)
終わってみんなでビール飲んでたら、思わぬ3人が登場、明日の芸術村の音楽祭に出演する坂井紅介、岡部洋一、田中信正という知る人ぞ知る巧者たち、早速美味しい日本酒とワインでセッションお願いしました。
キムとトモ、二人とも大健闘、さらに楽しい夜になりました。
219.jpg220.jpg
みんなで記念写真、みんななかなかいい顔しています。
御三人、すぐ他のライブで来る人もいますが、きっといつか、いいライブしましょう!ありがとうございました。
221.jpg222.jpg223.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

「河野広明トロンボーン・トリオ with フレンズ」 河野広明(tb) 進藤洋樹(g) 吉川大介(b)

si2.jpg
河野広明(tb) 進藤洋樹(g) 吉川大介(b)という3人、もちろんプレイを聴くのも初めてですが、でもみんなうまい!ビッグの経歴も長い河野さんは当然としても後の二人も個性豊かに自分のやりたい音楽をしっかり持っているという感じです。
学生たちのバンドも健闘、セッションも少しだけだけど。
si1.jpgtrom.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

「Bossa Marimba Vol. 12…亀井恵&今井亮太郎」 亀井恵(marimba) 今井亮太郎(p)

MEG1.jpgMEG2.jpg
MEGちゃんと今井くんの華麗なコラボレーション、もうすっかりおなじみですが、今回は前半にボッサの名曲を集め、後半はMEGちゃんの可憐なオリジナル曲で埋めるという構成、ユーミンの曲なんかも入れながらのリラックスした時間でした。マリンバという楽器の魅力はやはりいいですね。
MEG3.jpg
posted by 店主 at 19:30| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Romantic Jazz Afternoon…森下滋3」 森下滋(p) 高澤綾(tp) 名知怜美(vo)

M3.jpgM1.jpg
日曜のお昼という、やってみればなかなか魅力的な設定のライブでしたが、3人の魅力がいい時間を作ってくれました。ニューアルバムを出したばかりの高澤さんがグルーヴィーに迫れば、もっきりやは初めての名知さんはキュートな声と楽しいアレンジで、森下くんは華麗で繊細なタッチで、と肩の力の抜けた楽しいセッションライブ、ジャズの楽しさ味わってもらえたと思います。
M2.jpg
posted by 店主 at 14:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

「大島花子カフェライブ with 笹子重治」 大島花子(vo) 笹子重治(g)

O2.jpg
こんなふうに歌われると困ってしまいます。聞きなれた歌が突然自分の原風景をよみがえらすのです。ずっと忘れていたことやずっと忘れたつもりになっていたことが、平易な言葉と懐かしいメロディーと温かな歌声で頭の中に浮かび上がってくるのです。
歌にそんな力があるということ、久しぶりに思い出させてもらいました。笹子さんの素晴らしい伴奏が色を添えたこと、言うまでもありません。ありがとうございました。いい夜でした。
O1.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

「北欧の調べ、共鳴弦の響き ースウェーデンの伝統音楽…大森ヒデノリ&Liricaー」 大森ヒデノリ(フィドル) Lirica(ニッケルハルパ)

LI3.jpgLI1.jpgLI2.jpg
ずっと前、もっきりやを手伝ってくれた本もある金沢美大生のLirica、2年間のスウェーデン留学ですっかり北欧のトラッドに見初められたようです。名手大森ヒデノリとのコラボレーションは曲や楽器の魅力も加わってなかなかに素晴らしいステージになったと思います。卒業後は京都に住んで演奏も続けるとのこと、大森さんとのデュエットはこれからも聴くことができそうです。
まずはおめでとう、そしてありがとう。
LI4.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする