2017年07月15日

Get Here from 神戸!…石川武司/ETSUKO from 神戸

KOBE1.jpgKOBE2.jpg
都会のジャズクラブ、それも古くからある店でしか聞けないようなジャズピアノというのがあります。
歌い手や客に染み入るような、寄り添うようなそんなピアノは、実はジャズという音楽の一つの大事な魅力だと僕は思うのですが、近年、なかなかそんな出会いがありません。
かっては、と思い出して亡くなったピアニストたちの名前を上げていくのもせんないことですが、それでもかっての不良ジャズマンたちのセンチなロマンティシズムにはちょっと憧れてしまいます。
この夜の石川さんのピアノはそんな世界を垣間見るかのようにあでやかでした。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする