2014年07月13日

「早川義夫ピアノ弾き語り」 早川義夫(vo,p)

HAYAKAWA.jpg
ほとんど三年ぶり、早川さんはピアノに座るとすぐに「サルビアの花」を歌います。
ロマンティックな歌だと思っていたあの頃の思い出を消してしまうかのようにビターで重い歌声、でも聴いているとこれも長い時間生きて来た人のロマンティシズムなんだろうな、などと....一曲一曲そんな想いを抱きながらカウンターの中で立っている時間は、ずうずうしく自分でリクエストしてしまった「君の為に歌を歌おう」というフレーズを聴きながら頂点に達します。
歌が思い出を誘い出してくれることはよく分かっていたつもりですが、この人の歌は古い写真みたいにその風景までも浮き上がらせてくれます。そこに出てくる人は髪型まであのままです。

いい歌をありがとうございました。今度はシュールな「マリアンヌ」なんかも聴かせてください。
posted by 店主 at 00:00| 2014年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする