2012年12月28日

「白鶴山(はくつるやま)w.菰口雄矢」

白鶴山.jpg
年の瀬も迫ってのスーパーバンド、22、24歳の3人と油ののりきった鶴谷智生のユニットはスリルあふれる最高の夜になりました。鶴谷さんの凄さはもうおなじみですが、この若い3人、特に急きょ決まったギタリスト菰口雄矢のプレイはなんて言うか僕らの持っていたジャズの常識とかをしまい込んでしまいたくなるほど。白鶴山(トリオです)だけでの洒脱なプレイにくらべ、ギターが入った瞬間に燃え上がって行くスリルは楽器、およびギタリストの特性ゆえ、なんて考えたくなるほどです。まあ、布川さんも矢堀さんも、粋にやろうなんて言いながら始まってしまえば一瞬に燃え上がるんだから...。
ピアノの白井アキト、ベースの山本連、ともにこれからのジャズのエースになれそうな素晴らしいミュージシャン、鶴谷さん、いいメンバー、エキサイティングなギグ、ありがとうございました。
白井.jpg
posted by 店主 at 00:00| 2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする