2012年11月30日

WALTER LANG PIANO SOLO

WALTER.jpg
ウオルター・ラングというピアニストを知ったのは"Smile"と"Across the Universe"という2枚のアルバムに触れてからでした。別段テクニカルなところが目立つわけでもない、でも趣味のいい選曲とそれなりのアレンジの良さで日本のジャズファンの心をつかんだウオルターは、次々と主にスタンダードを題材にした美しいピアノアルバムを発表し続け、人気ピアニストとして多くのツアーも成功させてきました。
もっきりやにももう4回くらいでしょうか、今回は初めてのソロピアノ、どの曲も心に残る美しいメロディーが印象的で、マイクを使わない生ピアノのピアニッシモの美しさが際立つ素敵な時間でした。
お客さんもいい感じに聴いてくれて、熱狂的でヘヴィーなライブの間のこんな夜はとてもいいものです。
明日は福井で、このあいだ素晴らしい歌を聴かせてくれた沖縄の上間綾乃とのコラボレーション、店閉めて聴きに行きたいくらいです。
posted by 店主 at 00:00| 2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする