2011年05月11日

5/11「ハンバートハンバート@もっきりや」

HAMBERT1.jpg
ハンバートが次のアルバムの為に金沢でライブと街模様を録画するって話が現実になって、しかももっきりやの40周年の5月に、とこんなにうれしいことはありません。
人づてにハンバートの音楽を聴いてクールな「プカプカ」に興味を感じてた時、ちょうど偶然に遊穂さんから「もっきりやでやってみたい」というメールをもらって実現したのがもう何年前でしょう。「おなじ話」なんか聴いていいなと思いながら、「OLD SHOES」や「UP ON THE ROOF」を日本語で歌う良生の歌声(というか、センスそのもの)にまいってしまいました。「11のみじかい話」から「道はつづく」間での1年ちょっとの間は僕にとっては一番「ハンバートらしい」歌が生まれていた頃だと思います。頂点が「おかえりなさい」だと思うのですが...。
今回のDVD録画ライブ、どんなふうに仕上がるのか楽しみですが、もう一度この空間でハンバートの生の姿をさらけだすようなライブをやってみたいなと、今、切に思っています。遊穂さんの透き通った歌声に独特の良生君の声がからんで成り立って行くハンバートの世界はまだまだ先があります。唐突ですが「パリーテキサス」のような世界を彷徨うハンバートなんていつか聴いてみたいな、というような。

当日、雨やそれ以上に慣れない僕らの至らなさで来てくれたファンの方々に迷惑かけたかもしれません。ごめんなさい。
二セット、通して聴くと、やはりみんなに全部聴いてもらえるようにしなきゃなと反省しきりです。きっと今度は!
ライブのあと、他の撮影もあって全てが終わったのは12時を過ぎてました。みんなでちょっとだけビールで「おつかれさま」して、なんだかいつまでも終わってほしくない一日の終了です。
スタッフ、ファン、そして何よりもハンバートのお二人、ありがとうございました。何よりもうれしい40周年のプレゼントでした。
HAMBERT2.jpg
posted by 店主 at 00:00| 2011年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする