2008年12月27日

12/27「あわてんぼうのザッハトルテ」

最初の21世紀美術館でのギグ以来もう4年くらいでしょうか、あの頃の学生っぽさも懐かしいのですが、今ではメジャーからのアルバム発売、テレビCMへの登場など立派に人気グループとしてみんなの前に出れるようになりました。

でも、彼らの中身は何にも変わってなくて、相変わらずのオフビートな舞台運びにただ演奏するレパートリーだけがどんどん濃くなっていく、というか、お洒落なお茶の間ヨーロッパから純化したダイナミックな民俗音楽へ、という点だけが時間の経過と彼らの深化を示しているようです。
今回の芸術村でのコンサートはマイム・アーティストにパーカッションも加わった豪華な構成、お客さんも十分に楽しんでいたと思います。
IIMURO.JPG
素敵だったのはいいむらなおきさんのマイム、ユーモラスなザッハの音楽にはぴったりのエスプリあふれるステージでした。
ZAHHA08.JPG
夕方のコンサートのあとは夜8時過ぎからもっきりやで打ち上げパーティー、たくさんのファンの方が集まってくれてザッハのメンバーを囲んでの飲み会は12時過ぎまで続きました。目の前での彼らの演奏やナマの姿はステージ衣装の時とはまた違った楽しみでしょう。
2次会は片町の居酒屋へ、年末の賑やかな金沢の夜、きっと楽しんでもらえたと思います。
posted by 店主 at 00:00| 2008年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする