2017年12月30日

「SESSION 1230…今年もありがとう、これがファイナル!」 柴田佳樹(tp) 辻幸奈(tb) 飯田啓貴(ts) 古屋健登(b) 小城裕基(ds) 他

12.302.jpg
最後のライブはMJSの卒業生たちが集まってのRE-UNION、みんなまだ1〜2年なんだけどちゃんと社会人っぽく見えるからよくできたものです。
久しぶりのハードバップ、みんな楽しそうでした。
アフタアワーにHIDEちゃんが神崎くんのサックスをバックに「サマータイム」、受けました。と思ったら懐かしや20年ほど前に一緒にニューヨーク行ったドラムスの長井さん、もう80何才だと思いますがお元気でした。
12_301.jpg12_30.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

「森下滋2DAYS…いい歌がいっぱい!」 中本美智子、北中良枝(歌) 森下滋(p) 中山とも(b) 中沢宏明(ds)

A1.jpgA2.jpgA3.jpg
年末らしい、パーティーの後みたいなちょっとダルな感じの中でまず素晴らしいピアノトリオから。よく知られた美しい曲ばかりですが森下くんさすがのワザ、続いてのシンプルに歌う美智子さん、後半からの貫禄たっぷりの良枝さん、しっとりとした歌がさらに魅力を増します。
いい年末をありがとう、感謝です。
A4.jpgA5.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

「森下滋2DAYS…SOULのやどるところ」 CHIKO(vo) 森下滋(p) 中山とも(b) 中沢宏明(ds)

chi1.jpgchi2.jpgchi3.jpg
これはもう、すべての人に聴かせてあげたい、CHIKOの持っているグルーヴが森下トリオによって全面開花、華やかでスリル満点の素晴らしいライブになりました。激しい曲もアフリカンな曲もスイートなラブソングも、4人のミュージシャンの思いが一緒になったようなグルーヴ感、日本のヴォーカリストには稀有なスケールです。
そしてもちろん森下滋、ファンキーな曲もいいのですが僕は改めて彼のバラードのセンス、美学に驚かされました。個人的にはトリオでやった"I Thought about you"が良かったな、と。
こんなコラヴォレーション、また考えてみます。いいミュージシャンの出会いは素晴らしい夜を作ります!
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

「SESSION 1227…DIG」 三瀬まりの(tp) 福井直秀(fl) 村中千晶(p) 中山とも(b) 中沢宏明(ds)他

マリ1.jpgマリ2.jpg
えー、この日は実はちゃんとしたライブは行われませんでした。いつも来てくれる皆さん、忘年会等の誘惑に負けて時間が来ても人がいません。それで急遽僕らも忘年会に切り替わってしまいました。
皆さん、申し訳ありません。今後このようなことがないように頑張りますので...。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

「PIANO TRIO GOES TO CHRISTMAS…木村郁絵トリオ」

kim1.jpgkim2.jpg
木村郁絵、今年の弾き納めで、これからあとは氷見にこもって実家の手伝いだそうです。中山、中沢の気心の知れた二人が相手ですから気分良くスイング、クリスマスソングのないクリスマスライブは快調に過ぎて行きました。3人とも今年はありがとう、お世話になりました。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

「クリスマスイブ・ヴォーカルナイト…SWINGIN’ CHRISTMAS MATES」 細木優輝、濱明子、ETSUKO、白井さつき(vo) 高雄飛((p) 中山とも(b) ヤチシンヤ(ds) 福井直秀(fl)

x3.jpgx2.jpgx4.jpgx5.jpgx1.jpg
この夜もヴォーカリストがいっぱい、いい歌もいっぱい、賑やかなイヴの夜になりました。いつかイヴの夜はもっきりやでジャズ聞きながら二人で過ごす、みたいなのが定着すると嬉しいんですが、やっぱりもっとおしゃれな店いくんだろうな。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

「すごいぜ歌謡曲…これが日本のスタンダード! VOL.3」 金沢クリスマスオールスターズゲスト:下田卓(カンザスシティ・バンド)(vo,tp)

X1.jpgX2.jpgX3.jpgX4.jpgX5.jpgX6.jpgX7.jpgX8.jpgX9.jpg
楽しそうなみんなの顔、土曜の夜の最高に楽しいライブでした。みんながスターですが、本当の主人公、スーパースターはここで歌われた歌たち、珠玉の名曲集でした。
楽しかった!またやりましょう!!
X10.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

346 クリスマスライブ…三四郎/星羅

3461.jpg3462.jpg
思いがけないプレゼントをもらったような、二人のコラヴォレーションがこんなに心地いいとは思いませんでした。三四郎さんのウエストコーストジャズの粋さが嬉しいサックスに、天使のような(こんな表現しかできなくてごめんなさい)スッと伸びるヴォーカル、そして懐かしい歌がいっぱい、さらに必殺の三四郎オリジナルの見事なメロディー、こんなゴージャスなクリスマスの土曜、きっと皆さん堪能してくださったと思います。
そして端麗な星羅さんのヴォイス、彼女の作る歌もなかなかです。
3463.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

「SOMETHING NEW…野口茜&茅野嘉亮」 野口茜(p) 茅野嘉亮(tp,Ukulele)

AKANE1.jpgAKANE2.jpgAKANE3.jpg
野口茜&茅野嘉亮デュオ、金沢のメンバーにも加わって欲しかったのですが...。
野口茜のピアノは前回が覚えてない程前(10年以上、まだ彼女が大学生だった頃かもしれません)ですが、スインギーなタッチの綺麗なピアノはオリジナル曲のメロディーにぴったり、トランペットも軽快で楽しげです。
なんだか二人の生活パターンまで見えてくるようなほのぼのとしたいいライブでした、
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

「亀井恵 meets 今井亮太郎トリオ…Bossa Marimba vol.18 〜逢いたかったよ、極上のピアノトリオ〜」 亀井恵(marimba) 今井亮太郎(p) アレキサンドレ・オザキ(ds) 大森輝作(b)

meg1.jpgmeg2.jpg
今年締めくくりのMEG=RYOTAROユニット、今回はカルテットです。
リズムの二人の送り出すグルーヴに乗って生音のマリンバとピアノが新鮮です。案外いい感じだったのがアレックスの甘いヴォーカル、似合います。
降り積もった雪の中、集まってくれたお客さんにも感謝です。
meg3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

「〜オオフジツボ年末わくわく大感謝祭ツアー2017〜」 太田光宏(gt) 藤野由佳(ac) 壷井彰久(vln)

O1.jpgO2.jpg
アイリッシュやスコティッシュ・トラッドをベースにプログレの香り高く、美しくも妖しいサウンドが空間を満たします。ギター、アコーディオン、ヴァイオリンによる室内楽的穏やかさという予想を覆すある種エキセントリックな音の重なりの印象は鮮烈でした。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

「西口明宏カルテット」 西口明宏(ts) Aaron Choulai アーロン・チューライ(pf) 石若駿(ds) 吉峯勇二郎(b) 「西口明宏カルテット」西口明宏(ts) Aaron Choulai アーロン・チューライ(pf) 石若駿(ds) 吉峯勇二郎(b)

NI1.jpgNI2.jpgNI3.jpg
これからのジャズはこんな風になっていくんだろう、という精鋭たちの競演でした。お客さんたちはこれにどう反応していくか、そしてミュージシャンたちはそれをどう受け止めるか、答えはわかりませんがリアルジャズとショウはますます離れていくように思えます。それはそれでそう悪いことではないとは思うのですが...。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

「SLIDING EASY!…片岡雄三 meets 木村郁絵トリオ」 片岡雄三(tb) 木村郁絵(p) 中山トモ(b) 川北隆博(ds)

KA2.jpgKA1.jpgKIMKIM.jpg
やはり圧倒的な片岡さん、すごいトロンボーンプレイヤーです。美しいバラードもエキサイティングな速い曲も淀みないキレのいいスライディング、ただただ聴き惚れるばかりです。
そしてそれに答えた木村郁絵トリオ、恥ずかしくない健闘だったと思います。彼女はもうすっかり北陸を代表するピアニストになったようです。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

「Minako “mooki” Obata Christmas Live Tour in 金沢」 Minako “mooki” Obata(Vo) 宮崎隆睦(Sax) 草間信一(Key) 荻野哲史(B) 鶴谷智生(Ds)

MOO1.jpgMOO2.jpgMOO5.jpgMOO7.jpg
もっきりやでは2年ぶりくらいになるのかなあ、MOOKIさんの魅力が100パーセント溢れ出る素晴らしいライブでした。スタート時ちょっと寂しかった客席も少しずつ埋まり、サウンドのヒートアップとともにシャウトするMookiに完全にKO、ソングライターとしての才気も溢れる魅力的なオリジナルを中心に見事なワンマンショウです。
バンドの4人の素晴らしさも特筆、やっぱりソウル=フュージョンはいいなあ、と昭和のオヤジたちはため息をつくのです。
MOO3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

「渡會将士 …“After Walk in the Road" TOUR SEMIFINAL 金沢」渡會将士 (vo,g)

_WATARAI.jpg
今回はスリーピースのシンプルなロックバンド、たくさんのファンの方が集まってくれ、楽しいライブになりました。もともとコアなファンの多い(らしい)渡會将士ですが、メロディアスな曲はなかなか魅力的、目がハートマークになってる女性ファンはもちろん、バンドやってるように見える男性ファンからも熱い拍手をもらってました。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

「IMERUAT(イメルア)…Caravan in Kanazawa」 IMERUAT : Mina(ヴォーカル、トンコリ、ムックリ)、浜渦正志(ピアノ、PC)

IM1.jpgIM2.jpg
イメルア、十勝地方のアイヌ語で「稲光が光る」という意味だそうですが、ヴォーカルのミーナの存在感が際立つユニットでした。曲のほとんどはアレンジも含めて浜渦正志の手になるものだと思いますが、彼の作ったトラック、弾くピアノはやはりMinaの声と存在があってこそ輝くのだと思います。
IM4.jpgIM5.jpgIM3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

「沢 知恵…いいうたいろいろ晩秋」 沢 知恵(vo,p)

SAWA1.jpgSAWA2.jpgSAWA4.jpg
ほとんど10年ぶりくらいの沢さん、変わらぬ声の張りとベクトルを持った歌の数々、鮮やかなピアノ、と記憶のまま、素晴らしいステージを聴かせてくれました。
いつまでも強くある情熱には頭が下がります。聞いて欲しい人がたくさんいたはずなのにその人たちを集められなかった自分に反省です。次はきっと!
おまけの写真、楽しかったです。
SAWA3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする