2017年08月27日

「ジョディ・カミサト・ウクレレワークショップ& HEART&SOUL LIVE」 Jody Kamisato(ukulele) Micah Ganiron(ukulele)

PAINA6.jpg
ハワイからのHEART & SOUL、ワークショップとミニライブでしたが、この二人素晴らしい!
きっとどこ行くにもウクレレ離さないんじゃないかな、自分の体の一部になったような一体感、そして驚異的なテクニック!
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

「ウクレレパイナ2017 in 金沢」パーティー

PAINA3.jpgPAINA4.jpgPAINA5.jpg
本番、全然聴けなかった。悔しい。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

「ウクレレパイナ2017 in 金沢」前夜祭パーティー

PAINA.jpg
みんなニコニコ、ウクレレはみんなを幸せにするようです。
明日は本番、深酒に気をつけましょう。
PAINA2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

「The Things We Did Last Summer…ブルームーン・カルテット/スタンダードの花束」 黄啓傑(cor)富永寛之(uklele)工藤精(b)木村純士(ds) OPENING ACT:スタンダードの花束 fea.三瀬まりの(tp) 川東優紀(b) 宮下潤(g)

BM5.jpgBM3.jpgBM2.jpg
楽しい一夜でした。OAのスタンダードの花束の3人の軽いジャブで始まったこの夜の大スイングセッション、歌ありロックありの大騒ぎの中に確実に音楽の楽しさが息づいていたように思います。
こういうのは説明や解説より、その場にいること!
こんな楽しい打ち上げセッションも!
BM4.jpg
こちらはリハーサルです。
BM1.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

「踊ろうマチルダ・ワンマンライブ」 踊ろうマチルダ(歌、ギター、ハーモニウム、シュルティボックス、ハーディガーディ)

MATILDA2.jpgMATILDA1.jpg
日本人はスコットランドやロシアの旋律に郷愁を感じるんだそうで(この二つ、随分違うところもありますが)「踊ろうマチルダ」さんはその締め付けられるようなメロディーとリズムでファンの人たちを魅了します。
いろんな珍しい楽器も、そこから出るコーニーなサウンドも、聴く者にはとても新鮮です。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

「海北大輔…ぼくたちの夏休み」 海北大輔(Lost in Time)(vo,g) 岩崎慧(セカイイチ)(vo,g) 小田和奏(No Regret Life)(vo,g)

KAIHOKU3.jpg
このところ毎年のようにきてくれる海北君、揶揄するわけでもなく、こんな世界に真摯に向き合っています。いい意味でのいい加減さも時にはあっていいのかも。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

「黒色すみれTOUR2017「拾肆-14-」」 黒色すみれ:ゆか(vo,p,and) さち(vln)

KURO1.jpgKURO2.jpgKURO3.jpgKURO4.jpg
絶好調の黒色すみれ、クラシックの名曲を元にアレンジした美しくも鮮烈なメロディーの数々はステージの空気を圧倒します。お盆明けのこの時期、決して満員とは行かなかったのですが、きてくれた人には素晴らしい時間だったと思います。
アフタアワー、サチさんの飛び跳ねるヴァイオリンがとてもチャーミング、また違う魅力も見つけられるのかも。
kuro5.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

「李政美LIVE at もっきりや 2017」 李政美(vo,g,) 竹田裕美子(p,acdn) 矢野敏広(g,mdln) 

LEE1.jpgLEE2.jpg
朝鮮の歌は日本の演歌のふるさとだと言ってもいいくらい心のツボを捉えた旋律、哀愁は共通しています。鳳仙花やアリランのノスタルジー溢れる懐かしさはどうでしょう!
今回もいいライブでした。実現させてくれたみなさんに感謝、もちろん3人の美しい演奏にも。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

「山野友佳子アフタヌーンライブ…”SOLO&TRIO” LOVE COKE !」 山野友佳子(p) 川東優紀(b) 中沢宏明(ds)

YAMA1.jpgYAMA2.jpg
「LOVE COKE !」ってタイトルつけるほど陽性で元気な山野友佳子さん、ずっと昔、秋田慎治のライブを聴きに来てくれた時ちょっと話したくらいしか知らなかったのですが、ひょんなことから日曜のお昼のライブが実現しました。こういうジャズの聴き方も当たり前になってきたのかもしれません。アフタヌーンライブ、これからも増えそうです。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

「Blowin’the Blues Away…安部誠彦クインテット fea. 横尾昌二郎」 横尾昌二郎(tp) 神崎暁史(ts) 安部誠彦(p) 川東優紀(b) 中沢宏明(ds)

YO1.jpgYO2.jpgYO3.jpg
久々に気持ちのいいハードバップ・セッション、ああやっぱり日本人はハードバップ好きなんだなあ(?)と感じられる佳曲ばかりのスリリングな夜でした。
横尾君は、きっと比べられるもう一人の関西の素晴らしいトランペッター広瀬未来君に比べても引けを取らないプレイで、どの曲もスタイリッシュでクールな魅力がいっぱい、頑張る金沢のメンバーたちともしっくりと溶け合い、初めての顔合わせとは思えない完成度です。安部君のピアノもいつにも増して全面展開、ジャズをやれる楽しさであふれています。
またやりましょう、いや、やります!
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

「Bossa Marimba vol. 16….亀井恵/今井亮太郎」

meg3-thumbnail2.jpg
台風の夜にライブというのも大変ですが、でもいつものファンの方が集まってくれました。
ピアノとマリンバというシンプルな組み合わせだけに選曲やアレンジも大事になってくると思うのですが、その辺りはこれから、楽しみです。
写真が上手く撮れなくってこれは前々回の奴、すみません。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

「カラテチョップス…田中邦和/ 井上陽介/ 江藤良人」 田中邦和(ts) 井上陽介(b) 江藤良人(ds)

KA1.jpgKA2.jpgKA4.jpg
桑原あいに続いてカラテチョップス、なんてすごいラインナップなんだ!と一人で感動しています。
この日もダンサブルにグルーヴィーに、最高のミュージシャン達による最良のパフォーマンスでした。
大技も小技も駆使して客席を圧倒、ジャズのダイナミックさにみんな大喜びです。こんな面白さ、昔はなんとか文章で聴けなかった人に伝えたいと思ってたのですが、この頃、どうやったってこのすごさわかんないだろうな、形容詞ばかり使うのもみっともないし、などと思い至り、やめました。ただひたすら「おもろかった」で。
KA5.jpgKA6.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

「PLAYS “Somehow,Someday,Somewhere"….桑原あい」

AI2.jpgAI1.jpg
聴くたびに凄くなっていく、そんな姿をリアルタイムで聴き続けられるのは幸せなことです。
桑原あいは今がまさにその瞬間、ウイル・リー、スティーヴ・ガッドとの新作トリオも素晴らしいのですが、フレッシュな緊張感に包まれたこのソロピアノも本当に素晴らしく、音楽性、テクニック、スリル、グルーヴ、若さが溢れ出るその姿は羨ましいばかり、圧倒的な音楽の生きる力を感じさせます。
この夜彼女の音楽に接することができた人、こんな夜なかなかないんですよ。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

「つむぎの夜 〜金沢篇〜…松本英子と矢野まき」 松本英子(vo)矢野まき(vo)松岡モトキ(g)鶴谷崇(p)

MAKI-KEI1.jpgMAKI-KEI2.jpg
綺麗なお姉さんが二人、とっても歌がうまくって書く歌も印象的、いっぱいのお客さん、と、なんとも魅力的な夜でした。この頃あんまりこんなライブのツアー多くないようですが、少し前のFMや地方のレコード屋さんが組んでいいミュージシャンをプッシュする形はいいものでした。またそんな時代が来ればいいのに...。
MAKI-KEI3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする