2016年09月30日

「Moonlight Becomes You....4 Beauties swing on the MOON 」 細木優希、ETSUKO、白井五月、中本美智子(vo) 村中千晶(p) 中山トモ(b) 中沢宏明(ds) 三瀬まりの(tp)

44.jpg41.jpg42.jpg43.jpg
季節やメモリアルに合わせて歌を集めていけたらいいなと思ってます。
秋の月、みんな素敵でした。ありがとう。
45.jpg46.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

BLOOD LINE at Mokkiriya

BL.jpg
相変わらずのデカイ音、でも元気いっぱい、きっと現存する地元のロックバンドの中では最長のキャリアを誇るBLOODLINEは、この金沢で育ったいわばガラパゴス的バンド、オールマンのようなめんたんぴん💌のような北陸のロックファンにはどこか落ち着くサウンドなのかもしれません。
みんな、お疲れ様でした。
posted by 店主 at 19:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「しらいしりょうこ/ヒナタカコ...「心恋-URAGOI-」Live Tour 2016金沢公演」 しらいしりょうこ(vo,p)ヒナタカコ(vo,p)

SIRA1.jpghina1.jpg
昼下がりのライブはどこか清廉でしらいしりょうこさんやヒナタカコさんにぴったりかもしれません。
二人の綺麗なオリジナル、そしてデュエット。いい時間でした。
SIRA2.jpg
posted by 店主 at 14:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

「もっきりやの柳原陽一郎 2016」 柳原陽一郎(vo,g,p)

ヤナ4.jpgヤナ3.jpg
人の愚挙を笑い、諌め、自らの至らなさを責め、慰め、それでも人間の知を信じる、あたりがいい歳を迎えた人のあってほしい姿だと思うのですが、なかなか煩悩も尽きず、柳原陽一郎が叫んでいたように「無」になるのは無理です。
で、こんなに魅力的な歌がいっぱい生まれました。
そんなに数は多くなかったけど来てくれたファンの方、面白かったですね?よかったでしょう?
僕なんかが言うまでもなく。
バイトの子たちもみんな大好きになりました。で、こんな写真を。
ヤナ2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

「MY ROOM SOUND DUOアルバムヒット記念 秋のツアー...ウィリアムス浩子/馬場孝喜」

W1.jpg
楽しみにしていたウィリアムス浩子、今、こんな歌が聴きたいという想いにぴったりの、ストレートでシンプルで品のいい、自然とニコニコしてしまうようないいライブでした。
名盤「A Time for Ballads」、ちなみにこれは40年くらい前のアン・バートンの名盤「Ballad and Burton」と並べてもいいようないいアルバムだと思うのですが、でも歌われている名歌の数々を抜群のセンスのギタリスト馬場孝喜とのデュオで磨き上げていきます。「バークリースクエアのナイチンゲール」のいいこと!
お酒を飲むのも楽しい二人で、遅くまでいろんな歌の話ができました。
今度は入りきれないくらいのお客さんで迎えてあげたいです。
W2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

「SHARP,TRASH,PUNKISH!...TaxiWars from Belgium] https://www.facebook.com/taxiwars/ Tom Barman(vo) Robin Verheyen(sax) Nicolas Thys(b) Antoine Pierre(ds)

TA4.jpgTA1.jpgTA3.jpg
ロフトジャズの雰囲気たっぷりにステージを舞台に変えてしまうトム・バーマンのヴォーカル、デモーニッシュでしかもダンサブル、危ない匂いいっぱいの夜でした。
ベルギーからなんて、まだまだ知らない世界があるんですね。
TA2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

「金沢ジャズストリート第一夜」

JST1.jpgJST4.jpgJST5.jpgJST6.jpg
夜から雨になりましたが、もっきりやはオクトパスのメンバーやファンたちでいっぱい、久しぶりの再会も嬉しく、ハッピーセッションが続きました。今年もシャフラノフさん、ドライブ感満点の素晴らしいピアノを聴かせてくれました。槙本くんも年に一度はね。
JST2.jpgJST3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

「グッドラックヘイワ ワンマンツアー2016」 野村卓史 (key) 伊藤大地 (dr, 口笛 )

 GL1.jpgGL2.jpgGL3.jpg
満員だけど温かな雰囲気でのグッドラックヘイワ、二人のインストなのにどこかいい歌を聴いているような柔らかな空気さえあります。金沢ジャズストリートの前夜祭も始まった中でのこのGLHのライブは、もっきりやにとっても新しいジャズの可能性も含めての、なかなか大事なライブとなったと思います。タイトのドラムスとピアノに加え、哀愁の口笛がロマンティックでした。
外には御大ポンタさんの姿が見え隠れし、大地くんは早速捕まっていました。
GL5.jpg
3人で記念写真も。ありがとう!
GL4.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

「岩瀬敬吾:NORSU TRIO ...象になる旅2016〜処暑と白露〜」 NORSU TRIO:岩瀬敬吾(vo,g) 山口幸彦(per) 今村仁美(key)

IWA.jpg
岩瀬くんの1年ぶりのノロッス・トリオ、センスのいい歌です。
何か仲良し3人の修学旅行みたいな羨ましい雰囲気ライブも良かったですよ。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

「ROSSET=MEYER=GEIGER trio 」ジョスカン・ロッセ(p) ガブリエル・マイヤー(b) ヤン・ガイガー(ds)

SW2.jpgSW3.jpgSW4.jpg
「金沢のもっきりやというジャズクラブで演奏できることは光栄です」(!)という丁寧なメールをもらって、さて、スイスからのピアノトリオ、とはいえ先週のHeiri Känziのように高名なティエリー・ラング・トリオのベーシストというようなキャリアがあるわけでもなく、さあどんなものだろうという興味も半分だったのですが、これがまあ、よく言えば個性的、トリッキーと言ってもいい構成でお客さんを楽しませてくれます。
とにかく明るい3人、十分に楽しんでもらえたと思います。
オープニングアクトのMJSも好演、日野さんの"Still BeBop"なんかやってくれて嬉しかったです。
アフタアワーの写真も含めて、みんな楽しそうでしょう?
SW1.jpg_SW6.jpgSW5.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

ショレ=カンジグ=パポー・トリオ 」 Jean-Christophe Cholet (p)Heiri Känzig(b) Marcel Papaux (ds)

CHOLET1.jpgCHOLET2.jpgCHOLET3.jpg
ボンジュールと始めたジャン・クリストフ・ショレ・トリオ、だからこちらもトレビアン!と返してあげましょう。ジャン・クリストフ・ショレ・トリオ、と書きましたが本当はCholet-Känzig-Papaux、CKP Trioで、3人みんなが同列という今のヨーロッパジャズにふさわしい独創性に富んだグループです。
全曲がオリジナル、でもみんな美しいスリルに満ちたチューンばかりです。高度な音楽性、なんてのは今さらの言葉で、聴く者を圧倒するスピード感も含めて3人の魅力が伝わります。
CHOLET4.jpgCHOLET5.jpg
OAのキムとトモ、お願いして彼らとのデュオを最後に。至福の時、なんでしょう、こんな時ミュージシャンを本当にうらやましく思います。
CHOLET6.jpgCHOLET7.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

原マスミと早川義夫...ふたりはH

DUO1.jpgDUO2.jpgDUO3.jpg
9月になってしまいました。早川義夫さんと原マスミさん、恋人が旦那が男友達がうーむという人、いっぱいいると思うのですが、この歌聴いてほしかった。溢れる直球のロマンティシズム、年いったからこそ使える禁断のほのめかし、世の中男と女しかいないのにエッチじゃなかったら何の楽しみがあるの、と言いながら何もできない純情。いい歌ばかりです。
最初に聴いてからもうおよそ50年、「からっぽの世界」や「サルビアの花」は変わらず僕の心をざわめかせます。
そして原真澄さん、こんなチャーミングな還暦男は初めてです。最高でした!
DUO4.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする