2014年12月31日

「これが日本のスタンダード!...ゴールデン歌謡劇場」布上智子(vo)HIDE(vo) SAO(cho)&her pals :福井直秀(fl)林ハヤマサ真信(g)村中千晶(p)木村郁絵(key)武田悟(b)中井和也(ds)

31-2.jpg
今年の5月にやった時、軽い気持ちで「日本の歌もいいよね』と言ったつもりだったのですが、頑張り屋さんの
布上智子、なんとも素敵なショウ・パッケージを造り上げてくれました。打ち上げの時、「ねえ、年末にこれの豪華なのやろうよ」と声をかけたのが実現しました。
休みを入れて、ですが8時半から12時半までの全4時間、歌った曲が31曲強。(メドレーもあるのです)
もっきりやはカラオケ設備などありませんから歌う人は基本歌詞を覚えなければなりません。「クリスマスイブ」もうろ憶えの僕は論外としても、これってなかなかできることではありません。
31-3.jpg
もちろん、しっかり楽譜持ってる人もいますが。
31-4.jpg
本当は、歌った曲全曲アップしたいところなんですが、これは寒い大変な天気の夜、足をはこんでくれたお客さんだけの楽しみとして。
一曲だけ、これはアンコールの最後の曲、MISHAの"Everything"の絶唱です。
31-5.jpg
さて、愛すべき二人のキーボード、ご苦労さんでした。
31-6.jpg
で、最後におまけ、中森明菜です(笑)。いや、熱唱でした。
31-1.jpg

posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

「森下滋=里見紀子=蒲谷克典トリオ&小杉奈緒」 森下滋(P)里見紀子(vln) 蒲谷克典(cello)ゲスト:小杉奈緒(vo)

nao4.jpgnao2.jpg
久しぶりの森下君、ちょうど一年ぶりです。去年はANOVIOの三人でしたが、今年もメンバーは違うけど同じ楽器編成のお三方、ヴァイオリンとチェロの調べがクラシカルかつロマンティックな空間を創ります。
そして今回はこの人も久しぶりの小杉奈緒、ソロアルバム出してから石川県だけじゃなくいろんなところでのライブやってることはきいていたのですが、今回はそのアルバムの曲からのセレクション、相変わらずしっかりした声と抜群のムードは聴く者をしっかりと掴みます。
特に森下君のピアノとは相性がいいんでしょう、贅沢な弦の音にも包まれて最高の夜になりました。
nao3.jpgnao1.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

「JAZZ,It's Funky...KANAZAWA JAZZ REUNION」 三瀬まりの(Tp)神崎暁史(Ts)槙本力也(Tb) 安部誠彦(P)大菅麻衣子(B)中沢宏明(Dr)

MAKI2.jpg
いいジャズのライブをやると打ち上げも楽しいものです。この6人のセクステット、近年にないといってもいいくらい素晴しく、そして楽しいセッションになったと思います。
詳しい内容についてはだれか書いてくれないかなあ、編曲も選曲もトロンボーンの槙本君の愛がいっぱいつまった労作で、プレイするみんなの表情も緩みっぱなし、カッコいい曲と演奏のオンパレードです。
そしてソリストたちの素晴らしさ、MAKI3.jpgMAKI5.jpgMAKI7.jpgMAKI6.jpg
勿論、大菅=中沢のリズムも忘れてはいけません。
こんなレベルのライブが地元のメンバーで組めるというのは(槙本君は湘南在住ですが金沢出身ということで)やはりとっても素敵だと思うのですが。季節の節目節目に続けていけたらこんなうれしいことはありません。
ミュージシャンのみなさん、ぜひぜひよろしくお願いします。
MAKI4.jpg
打ち上げの幸せそうな写真は撮ってくれた人がFBの方にアップしてると思うのでそちらの方を。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

「TRIO...木村郁絵=川東優紀=海野俊輔」 木村郁絵(p) 川東優紀(b) 海野俊輔(ds)

YUKI.jpg
すみません、ぼけぼけの写真撮ってしまって。
ライブは写真とは正反対のきちっとしたピアノトリオで、しなやかな海野君のドラムスがフューチャーされた素晴しいライブになりました。木村=川東というコンビは相性がいいのかも、尖ったピアノが好きそうな木村とウッドベースらしい川東のミックスはとても魅力的です。
FBにも書いたのですが撮った写真がみんなぼけぼけですみません、ちゃんとしてるのは2曲だけ飛び入りで吹いてくれた三瀬まりののだけ、トリオのお三方、すみません。
MARINO.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

「スィンギン・クリスマス!」 細木優輝、羽広志津子、中本美智子、濱田あさ美(vo) 三瀬まりの(tp) 村中千晶(p) 川東優紀(b) 川北隆博(ds)

XMAS1.JPG
4人の素敵な歌い手さんと小気味のいいバンド、総勢8人のほとんどが女性という華やかなライブになりました。
もっきりや初登場は濱田あさみさん、3年前にこの店で聴いた細木優輝さんの歌がジャズボーカルの原点、とうれしいことを言ってくれたキュートで元気なお嬢さんです。
久しぶりの羽広さん、最近ステージングも楽しい中本さん、そしてこのライブ仕切ってくれた細木さん、みんなそれぞれに魅力的で楽しい時間を作ってくれました。
XMAS3.jpgXMAS4.jpgXMAS5.jpg
そして付き合ってくれたカルテットのみなさん、バンドあっての歌、感謝。
XMAS6.jpg
今度は桜の咲く頃にまたやりましょう。
ありがとうございました。
FB1.jpg
おまけの打ち上げ写真です。川北君は誰を観ているのでしょう...。
FB2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

「フラリー・パッドのクリスマス」 フラリーパッド<清水英之(G)前田大輔(ウクレレ)>

FULARE1.jpg
この季節、すっかりおなじみになったフラリーパッド、赤白のサンタのかっこで熱演です。
明るく爽やかないつもの曲に加えてクリスマスのスペシャルメニュー、楽しい夜になりました。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

「Team Bambi Presents...SATOKO&RIMA」 柴田聡子(vo,g) 加藤りま(vo,g) フジワラサトシ(vo,g)

SIBATA1.jpg
前回もバックバンドの年上お兄さんたちの柴田聡子に注ぐ愛情たっぷりの視線がなかなかよくて、この人のどこが魅了なんだろうと楽しく聴かせてもらったのですが、2年ぶり(?)くらいの今回、いやいや、本当に面白がらせてもらいました。
ライブのあとで歌詞カード見直すなんてほとんどしないのに、この人のは思わず読み返してしまいます。
「元ロックスターを責めるな
 くたばったら責めるな
 ロックスターに元をつけるな...」なんていいでしょ。
店の壁に貼っておきたいくらい。
主催者のチーム・バンビにちなんでかアカペラでリズミカルにうたった「風の谷のナウシカ」もいいな。
というわけで、こんなにこにこした写真ができあがりました。楽しいライブ(きっと僕の一番知らない世界)を紹介してくれたTeam Bambiのみなさん、どうもありがとう。
SIBATA2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

「ある青とある赤と....BUCKY FORE」 輿石《bucky》智弘(as) スパン子(p,acdn)熊坂義人(b)&石川征樹(g)

BUCKY.jpg
想像していたよりはずっとメロディアスかつリズムも多彩なサウンドでした。
リーダーのBUCKYさんは初めてですがスパン子さんと熊坂君はハンバートの佐藤良成バンドで聴いたのが初めてだったので、ジャズっぽくてもどこかナチュラルな方向性なのかなと思っていました。
それに金沢在住の石川君が提供した2曲が素晴しく、アグレッシヴといってもいいくらいのプレイ、楽しませてもらいました。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

「 Yohito Teraoka tour 2014 「BATON」 弾き語り編 徒然道草〜第十幕〜」 寺岡呼人(vo,g)

YOHITO2.jpg
一人でやるのは久しぶりの寺岡呼人、このあいだのサイモン=和弥ダブルヘッダーの盛り上がりにくらべても負けられません。大寒波、なんて脅されて、それでもたくさんの人が集ってくれました。
ずうっとファンで、でも昔からは随分時間がたって、そんなファンの人達を前に、確認を求めるように、変わらない物があるよね、と歌っているようです。
「今年も最初に逢う人があなたであるように」というのはミュージシャンにとってもファンにとっても一番の願いなんでしょう。
終わった後、静かな店でちょっと飲んで、食べて、少し話しして...うーん、いいライブでした。
YOHITO1.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

BIG PINK PRESENTS Tom Freund Japan Tour 2014   トム・フロインド(vo,b,g,ukulele)

TOM3.jpgTOM1.jpg
セクシーで、ミッキー・ロークのダイエット怠ったみたいな愛すべきシンガーソングライターです。
ギターにベースにウクレレ、そしてピアノと器用なんですが、やはり魅力は歌声でしょう。日本のミュージシャンでこんな声で迫る人はいませんから(一部トム・ウエイツおたくがそんな歌い方していますが、男の匂いというほどには絶望も歓びも達していないようです)、女性ファンはどこかからだに響く部分があるのでしょう。
ベースを借りた大菅さん、アンコールで彼とデュエット、こんな明るい笑顔見せてくれると日本の女の魅力彼らに伝えられたみたいで僕もうれしいです。
TOM2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

「Wei Wei Wuu が来た!...二胡新伝説」 Wei Wei Wuu(二胡)越田太郎丸(g)

wei.jpg
初めての二胡のライブ、しかもWei Wei Wuuと越田太郎丸、あとはもうこの二人の美しい音色を聴く人にどう伝えるか、できるだけナマの音で、でも音圧や艶かしさもほしい、アコースティックライブの永遠の課題ですが今夜はきれいに響きました。
そして美しい心に残る曲ばかり、うっとりと聴くファンの人達も満足していただけたと思います。
いつか桜の満開の下で聴きたいね、などと夢を語りながら金沢の夜は更けていきました。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

「〜南の島のクリスマス〜coco←musika:梶原順&ゲレン大嶋」 梶原順(ギター)ゲレン大嶋(三線)目木とーる(ギター)

COCO1.jpg
決して前夜寝不足だったわけではありませんが、MCで勧められたとおりライブの間中意識はふわふわしていました。三線の音はどうしてもあの沖縄のゆっくりとした時間の流れの中にいるように聴く者を誘惑します。
心地よい音色とシンプルなメロディー、これはこれで冬の夜の過ごし方としてはなかなかなのかも。
でもやっぱり時々はスリルに満ちた瞬間も聴かせてほしいな、と。(ちゃんとあったんですが、もう少し...。)
COCO2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

12/6(土)19:30〜 ¥3000 「M...国貞雅子 meets 大石学」国貞雅子(vo) 大石学(p)

OISI2.jpg
初めて聴く国貞雅子さん、なんとまあ二階堂和美さんの大学のサークルの後輩だそうで、そういえばスケールの大きさ(人として、ですよ)などなるほどと。
この夜はスタンダードというよりはソウルやロックの名曲ばかり、だきつきたくなるようなメロディーとテイスト、深いヴォイスがこの時代の歌の良さを思い出させてくれます。
そして勿論、大石学のきらめくピアノ、ここずっとソロ・ライブが多かったので必然的にリリカルで哲学的な演奏のイメージが強かったのですが、こんなスケールのおおきな歌い手さんと組むと必殺のフレーズも次々ととびだします。
OISI3.jpg
アフタアワーはワイン飲みながらいっぱいいろんな話をしました。こちらも久しぶりの大石節ということで。物怖じせずについていってた国貞さんも素晴しい!
OISI1.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

「吉澤嘉代子ファーストツアー 〜妄想お茶会ツアー〜」 吉澤嘉代子(vo,g)

KAYO3.jpg
FOBからこのライブの話があった時、むずかしい「澤」でむずかしい「嘉」で、という電話での説明にひらかなで「よしざわかよこ」と書き込んでいたのですが、ネットに載ってる歌聴いてちゃんと漢字で書き直しました。
今は書けます。吉澤嘉代子。
KAYO1.jpg
ライブが終わって、歌い、踊る(ってほどでもないのですがドキドキします)姿を見て、感想は熱心なファンの方々におまかせしようと。
彼女の歌の不思議な魅力は文章使っていろいろ書いても伝わらない、あの凛とした姿勢と、対極のようなポップなステージングとを体験してもらわずには無理だ、と思ったのです。
KAYO2.jpgKAYO4.jpg
いつか歌がもっともっとうまくなって、集った人みんなを感動させられるようになる、というのも確かにひとつの道ですが、彼女にはこの日本のポップスのフィールドで遊び回る困った女の子のままで居てほしいというのも一方であるのです。業界のいろいろを面白がりながら、やなことは「乙女の権利」でぶっ飛ばして行く....
カッコいいと思いませんか。
何にしても楽しい夜でした。きっとまた!
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

「木村百合子デュオ ジャパンツアー 2014」 木村百合子(fl) マチュー・ロフェ(p)

DUO.jpg
パリで活動しているお二人、フリーもありスイングもありという多彩な表情のオリジナルを小粋にまとめたとても雰囲気のあるステージだったのですが、やはりお客さんは少なくちょっと残念でした。たとえ名前知らなくっても通りに流れるフルートとピアノの音に、ちょっと聴いていこうよ、と通りがかりの人が入って来てくれる店が理想なんですが、まだまだってことでしょうか。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

「MASATO...今津雅仁&フレンズ」 今津雅仁(ts) 平尾隆(p) 大菅麻衣子(b) 宮下潤(g)

MASA1.jpgMASA2.jpg
深いジャズのフィーリングと溢れ出るアドリブの豊かさ、アクセントの効いた、しかもウオームなサウンド、なんて魅力的なテナーでしょう。
地元の3人も出たとこ勝負の選曲に悩まされながらも大健闘、今津さんのプレイをサポートしていきます。近頃の若手にはなかなかないジャズの匂いのするサックス、嵐のような天気のなかを来て下さったみなさん、ありがとうございました。
後半はテナーの濱西君とボーカルの細木さんが飛び入り、ご機嫌なスイングに載って楽しいシット・インになりました。
MASA3.jpgMASA4.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする