2014年03月30日

「ピアノ・バトゥカーダ・リリース記念ライブ...今井亮太郎」 今井亮太郎(p) Alexandre Ozaki(ds) 大森輝作(b),赤羽泉美(fl) ゲスト:布上智子(vo)

IMAI1.jpg
いつも明るく元気な今井君、またまた新作「ピアノ・バトゥカーダ」リリース記念ライブで登場、いつものトリオにゲストでフルートの赤羽さんと、近頃妖艶な写真も素敵なボーカルのTOMOちゃん、なかなか華やかなライブになりました。
IMAI2.jpg
聴いてる人も一緒になってからだを動かすのがこんなライブの醍醐味、ピアノトリオですから土着のグルーヴというよりは突き抜ける空の色とオーシャンブルーのトロピカルサンバ、ポップに楽しくみんなを誘惑します。
音楽はやってる人のルックスも規定することが多々ありますが、この記念写真、相当にきまってますね。
NAO DEIXE O SAMBA MORRER!
IMAI3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

柏木広樹&光田健一 Duo Tour 二人旅 2014」

KASIWAGI.jpg
二人の名手がつむぎだす音のタペストリー、素晴らしい音楽がここにあります。
集ってくれた全てのファンが堪能、いい音楽はいいねえ、というみんなの気持ちがあふれた夜でした。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

「前野健太『ハッピーランチ』発売記念ツアー:ソロ篇」

KENTA1.jpg
こんなライブの楽しさを本当はちゃんとした文章でみんなに伝えなくちゃいけないのですが、なんていうか、ミュージシャンのヒリヒリしているスリルってその場にいなきゃ絶対分からないものなんですね。
前野健太の歌はほとんど倍ほどの年のおっさん(僕のことです)をうらやましがらせます。それがくやしく、かつうれしく思います。
早川義夫や三上寛や遠藤ミチロウや竹原ピストルにはない、スマートな都会的なやさしい絶望(?)がとてもとても好きです。
みんな、次の機会は聴きに来てください。ホント、いいから。
KENTA2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

「Tommy Aquarium Tour 2014....TROMBONE THE TOMMY 」 TOMMY(tb) 上村美智子(p) 川東優紀(b) 川北隆博(ds)

TOMMY.jpg
京都の素晴しいトロンボーン奏者TOMMYの一年ぶり、もっきりやです!
JELLY BEANS FACTORYのピアニスト上村美智子も参加、金沢代表川東ー川北コンビと熱いセッションを繰り広げました。TOMMYのニューアルバム、ほとんどの曲が魚の名前のついたチャーミングなオリジナルで、このあたりメロディーメイカーとしての魅力もたっぷりです。豪快に、ムーディーに、と吹きわける、ワンホーンなのに最後までちゃんと聴かせてくれる楽しいライブでした。ピアノの上村さんは勿論、川東、川北の地元代表も好演、集ってくれた学生ジャズマン達も楽しく聴いてもらえたと思います。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

「村井秀清Merged Images LIVE 2014 vol.1」 村井秀清(p) 宮崎隆睦(sax) 鈴木正人(b) 新村泰文(ds)

MURAI2.jpg
新作が発表されるたびにツアーを組んでくれる村井さん、ピアニストとしての素晴らしさは勿論なんですが、いつも思うのは作曲ー編曲者としての村井さんの魅力です。どの曲もウエルメイド、そのまま歌詞を付ければポップなヒット曲になるのは間違いないと思うほどです。だからメンバーにはここに集ったようなタレント達が必要なんでしょう。みんな本当のプロフェッショナル、美しい音と正確なプレイが曲の美しさを保証します。
MURAI1.jpg
新村さんのドラムスはドラムスが楽器だと改めて気づかせてくれます。サトルで、でもシャープで音が美しい、金沢のドラマーのみなさん、ぜひ一度目の前で聴いてくださいね。
MURAI3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

「あんみつる Returns!Tour 2014 vol.1」

ANMI2.jpg
やっぱり「あんみつ」はいいね、須藤さん入って明るくなったね、なんて声が聞こえました。
まあ、明るいのがいいかどうかは別として、グルーヴィーになったのは事実でしょう。それにしてもベテランのアラカントリオがこんなにも嬉々として音楽と遊んでいる姿はなかなか感動的だと思いませんか?
ヴァラエティに富んだ選曲で楽しませてくれながらどれも「あんみつる」の曲にしてしまっているところなど三人のファンにはたまりません。
激しくゴージャスなバンドサウンドもいいけれど、こんな小さな店で聴けるウオームサウンドも素敵です。
またきっとすぐに!
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

「うたとピアノでロマン飛行...矢野 絢子 」

YANO1.jpg
ポスターに使ったのが前の髪が長かった時の写真で、「こんにちは」と現れた矢野q子さんはボーイッシュでキュート、ブルームーンカルテットとの共演ならこの方がずっと似合うみたいです。
CRAZY LOVEから始まった初めてのもっきりやでのライブ、いや、本当にいいもの聴かせてもらいました。
ハードボイルドのよくできた小説にでてくるようなちゃんとした形容、ちゃんとした言い回し、歌を歌う、ピアノを弾く、ということに対する自然な畏敬、そしてブルーズやジャズやロックや、そんな先達が到達した世界に対する憧れ、いろんな想いがミックスされたように聞こえる彼女の歌を聴きながら、僕は時々浅川マキさんのシャンソンを歌う姿を思い出していました。
ずっとこれからも彼女の歌を聴いていきたいなと思っています。高知という遠い街ですが、いつか彼女が歌っている「UTAGOYA NO NIKAI」という劇場でも聴いてみたいな、とも。
終わった後ワインをいっぱい飲んで酔っぱらってしまいました。
YANO2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

「伊藤芳輝ソロ」

ITO.jpg
スパニッシュギターの世界では最高の名手伊藤芳輝、人気のスパニッシュコネクションや美しいヴァイオリニスト YUI さんとのデュオ・ユニット Hyclad でも素晴しいギターを聴かせてくれていますが、今夜は入魂のソロギター。
ギターファンだけではなくスペイン音楽の好きな人達も皆で歓迎しようと思っていたのですが、これがなかなか厳しい集客、何かと忙しい季節なのはよくわかりますが、それでもちょっと残念です。
ライブ自体は見事な者で、ジャンルをこえた名曲をセンシティブなサウンドとシャープなリズムで伊藤芳輝自身の音楽に紡ぎ直して行く姿はさすがです。
6月12日(木)にはHycladの新作"CHORD of LADE"の発売記念ツアーで再訪してくれることになっています。今日の倍、いや十倍のお客さんが来てくれますように。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

「杉瀬陽子 2nd album『遠雷』Release Tour 北陸編」

SUGISE.jpg
大阪の「MARTHA」なんかでも可愛がられているようで、僕もいくつかの映像やセッションでの姿など見て楽しみにしていました。
「こんにちは」って現れた彼女は関西のまるさも加わってほんわかととても魅力的です。唄はなかなかに強く印象的、いろんなオヤジミュージシャンたちに好かれながら、もっともっとしたたかに歌っていってください。
また楽しみなミュージシャンが増えました。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

「ゾイネ・マッシ・ジャズ・オーケストラ卒業記念ライブ」

zoine.jpg
先週に続いて金大MJSのお兄さんお姉さんバンド、こちらはちょっと年上です。
年上だけあってさすがにアプローチも多彩で普通に飛び込みのファンが聴いても充分に楽しめるものでした。
終わった後は楽しい打ち上げ、今年もまた何人かの人達が金沢を去ります。恒例とはいえ、なかなか寂しいものがありますね。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする