2013年12月30日

「Anovio....森下滋&真部裕&伊藤ハルトシ」

ANOVIO1.jpg
年の最後にこんな素敵なステージができてどんなにうれしいか、三人と来てくれたみなさんに感謝です。
最初の時からもう何年にもなるのですが、始まりはなんとなくぎこちなかった森下=真部のDUO ANOVIOが、こんなにスリルと耽美を誇れるユニットに成長したことも、こういう音楽を本当に喜んでくれるお客さんが増えて来たことにも、年末にしみじみとうれしさを感じています。
ANOVIO2.jpg
来年はANOVIOのアルバムも予定しているとのこと、期待しています。そして3人それぞれの活躍も。
きっとまたすぐ金澤に帰ってきてください。
ANOVIO3.jpg
今年最後のライブ、勿論五日後にはすぐ新春ライブがあるのですが、でもやはり大事な一年の締めくくり、この場を借りて今年一年のありがとうを。
心に残るライブ、などと書き出すとどれだけ書いても書ききれません。
会えてよかった人、聴けてよかった人、驚かされた人、反則だと思いながら目頭が熱くなった人....全てのパフォーマーの人達にエールを送ります。
新しい年もどうぞよろしく。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

「ラズベリー・シックスティーン」 行武志乃(vo)黒川薫(p)山本進一(b)大桑宇一郎(ds)寅若雄一(as)&ゲスト:グレート本間(ts)

RASBERRY.jpg
行武志乃さんというもっきりやは初めてのボーカルをフューチャーしたバンド「ラズベリー・シックスティーン」の初めてのライブです。とてもちゃんと熱唱する志乃さん、レパートリーもジャズからポップスまで、アレンジもいろいろ凝って「ボーカリスト」という名前に懲りない熱演です。久しぶりの他のメンバーも楽しそうで年末にはいい夜でした。打ち上げはいつものように初めて歌う人もいたりして金沢の音楽シーンも充実してきているんでしょう、来月のライブサーキットのプログラムも少し考えてみようかと思っています。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

「スタンダードの花束 第6弾」三瀬まりの(tp,fhn) 宮下潤(g) 川東優紀(b)

STANDARD1.jpg
気忙しい師走の夜、それも最後の土曜日にたくさんの人が聴きに来てくれました。
スタンダードが好き、って人も勿論いらしたとは思うのですが、やはり金沢で活躍するこの3人のミュージシャン達のファンも多かったのだと思います。少し前に比べてみればちゃんとプレイを聴いてくれる人は確実に増えていると思いますし、いいプレイに対する拍手も自然です。
この夜もたくさんの名曲、ギターの宮下君が選んだ玄人受けのする佳曲、となかなかにレベルの高いセレクションだったと思います。
アフタアワーは奥さんの里帰りについてきたアメリカはオハイオからのギタリストも飛び入り、駆けつけてくれた神崎君も一緒に楽しいセッションになりました。
STANDARD2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

「クリスマスイブ...フライドプライド」Shiho(vo) 横田明紀男(g)

FP1.jpg
文句なしに今年のベストライブにあげましょう。
かっこいいSHIHOちゃん、かっこいい横田さん、音楽やライブを好きになるきっかけに、忘れていた感動を思い出すきっかけに、過ぎて行く時間を忘れてしまうほど夢中にさせてくれた最高の二時間半でした。
FP2.jpgFP3.jpg
なんとインストのデュオでやっちゃった「哀愁のヨーロッパ」、イタコのおかげでサンタナが降臨した奇跡のギタープレイでした(!??)どうせならフレディー・マーキュリーも呼んでほしかったかも。
FP4.jpg
どこが、とか、どう、とか、文章にするのは無理、ただただ聴いて下さい、としか言いようがないのですが、来てくれた人、分かりますよね、あの濃密な時間、空間、ただただ二人に感謝です。
最高のクリスマス・イブになりました。
「祈り」のような想いを感じたのは僕だけではないと思います。
FP5.jpg

お蕎麦の藤井さんから素敵な差し入れいただきました。
また金沢を好きになってもらったようです。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

Christmas List...CHAKA/森下滋/日景修

CHAKA1.jpg
いつもよりもっとナチュラルな音、ピアノもマイクは立てたけどほとんど使わず、CHAKAさんの声もほんのわずかマイクを通した生声に近いもの、だから細かな唄の情感が伝わります。
クリスマスの近くになると柄にもなくセンチメンタルになるのですが、この時期、いい唄をストレートにみんなに聴いてもらいたい、という気持ちが強くなります。
CHAKAの唄はそのためにあるように聞こえます。
CHAKA2.jpg
この夜、この唄を聴けた人はきっといい一夜をすごせたと思います。唄はこんなふうに人に届くんです、というそのピュアな姿がちょっと感動的でもありました。
そして歌伴に入った瞬間から最高の音を並べてCHAKAと心を通わす森下滋と日景修、特に武骨なイメージすらある(武骨というよりは真面目な、と書いた方がいいのかもしれませんが)日景君のベースがこんなに歌うとは。しっとりとしたバラードも、楽しくスイングする曲も、3人の呼吸はぴったり、このまま一枚のアルバムを創りたくなったくらい、いつか実現させたいなと真面目に思っています。
CHAKA3.jpg
打ち上げは冬の金沢というわけでいつもの「いたる」へ。
今年の最後の月にこんな満ち足りた夜というのはとってもうれしいです。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

「カシューナッツ・シングス・ピーナッツ:ティータイム・ライブ」 掛上まこと(p)米沢悟史(ds)酒井伸吾(b)竹田靖一(g)キャンディー(vo)ETSUKO(vo)

KASHEW.jpg
「カシューナッツ」二回目のもっきりや、ますます昭和歌謡まっしぐらという感じで好きな人にはたまりません。(勿論僕も好きですが。)
こうして聴いてみると1950年後半から60年代いっぱいは唄にとって本当に幸せな時代だったんだと実感します。素晴しいメロディーメイカーと詞を書く人の蜜月、ラジオやテレビ、そして映画がまだ主役だった時代、僕にとっては完全にリアルタイムなわけですが、なんてたくさんのいい唄があったのでしょう。
この「カシューナッツ」がいいのはそんな唄に対する敬意がヘンにジャズっぽくしたりしない、そのままのアレンジやムードを大切にしているところだと思います。
アレンジをやっているピアノの掛上さんのおかげなんでしょう。
楽しかったまたやりましょう、でも、歌謡曲はやっぱり夜でしょう。
ETSUKOさんからの記念写真です。
ETSUKO.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

「Piece of Cake ツアー冬の陣」伊藤大輔(voice) MAL(breath)

POC.jpg
インストルメンタルを使わない完全な肉体派、というのもヘンで、別にムキムキなわけではなく、伊藤君なんか洒落たファッション、身のこなし、と古めのアメリカ映画の粋な主人公みたい。逆にMALさんはビートってこともあるんだろうけど安心できるリズムマン、いいコンビです。
ユキエさんの大奮闘もあって、たくさんの方が聴きに来てくれました。一昨日のジュスカとはまた違うコンテンポラリーな魅力もあっていい土曜の夜になったようです。打ち上げも楽しかった、またやりましょう。
原一史さんが撮ったモノクロームの写真を送っていただきました。
DAI.jpgMAL.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

「今年もありがとう!...ジュスカ・グランペール」

JUSQUA.jpg
ザッハトルテに続いてジュスカグランペール、彼らももう9年です。
21世紀美術館の初めてのゴールデンウイークのライブ・イベントに彼らを呼ぶことができました。関西から3組、ザッハとジュスカとKAZUMI et MAYA(深川和美とマヤ・バルー(ピエール・バルーの娘さんです))、という魅力的な3組が一日おきに出たんだからなんとも贅沢な美術館のGWでした。
ジュスカもあれからずっと成長、今ではCMにも大きなイベントにも引っ張りだこのユニットになっています。(パチパチ)クリスマスに近いこの夜も温かな雰囲気の中、「HAPPY CHRISTMAS」と「祈りのボレロ」のアンコールでしめくくってくれました。
またすぐ逢えるといいですね。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

「We wish a Merry 岩海苔〜 エンダァァ Happy New 岩海苔〜」 岩海苔:海北大輔(vo,g)セカイイチ岩崎(vo,g)

IWANORI.jpg
よく分かんないタイトルですが「岩海苔」というユニット名が一人歩きできるようで、たくさんのファンに囲まれて楽しい夜になりました。もっきりやは初めてのセカイイチ岩崎君、明るいキャラと元気なステージが魅力です。
アフターはファンの人も一緒にちょっと打ち上げ、みんな楽しそうでした。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

「師走に遊ぼう、ザッハトルテ!」

ZAHHA1.jpg
12月、密度の濃いいいライブが続いていますが、ザッハトルテも負けてない、ないどころか今回も力の入った熱演です。最初のライブからもう9年目、アマチュアにしか出せない好奇心と人なつっこさが魅力だった彼らももう充分大人、人生が演奏に現れて来るような年齢になったのかもしれません。
などと書いて、でも実は全然そんなではない、相変わらずの、昔のままの彼らがここにいました。プレイは勿論昔とは段違いに良くなってきているのでしょうが、全然良くならない手品も含めて「相変わらず」が魅力の一夜でした。ウエッコの芸です。
ZAHHA2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

「Hyclad....伊藤芳輝&Yui」

hyclad.jpg
Hyclad、二回目なんですが熟成感は抜群、スリリングでロマンティックな最高のライブになりました。
なんといってもまずは選曲の妙でしょう。昔から入門向きの小曲集などで耳慣れたメロディーが多いのですが、それを思い切ってアレンジ、あたらしい衣をまとわせてジャズ界へ再登場させました。
スパニッシュコネクションとはまた違う魅力的なジャズ=クラシックのライブになりました。
アフタアワーはこの日お休みで来てくれた「空海」の大将もまじえてスペイン料理の「アロス」へ。おいしいワインとおいしい料理、こんな年末なら大歓迎です。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

「Tenderlies...竹内真知&宮崎カポネ信義」

tender.jpg
ピンクボンゴの楽しいギター宮崎カポネ信義と愛妻竹内真知とのおしどりユニット、「テンダリーズ」初めてのもっきりやです。何というか、昭和の匂いのするカポネさんのプレイにトーク、懐かしさと温かさがいい感じです。竹内さんのヴァイオリンもどこかレコード盤からの音のようにノスタルジックなサウンド(そんな曲が多かったせいもあるのですが...「太陽がいっぱい」も聴けたのですよ)、いい夜でした。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

「unbeltipo “LIVE to GO””【DVD“LIVE to GO” 発売ツアー】」 Unbeltipo : 今堀恒雄(g) ナスノミツル(b) 佐野康夫(ds)

um1.jpg
12月1日の夜中二時頃、もっきりやの三階でボヤが出火、消防車がいっぱい来て三階のbar goldenfish(
ずっと昔はラストサマーというロック・カフェでした)は燃えてしまいました。
その日の夜ですからどうしようとも思ったのですが、まあ、一階は大丈夫なんだから、ということでライブ強行、演奏は火の出るような激しいものでなかなか感慨ぶかく聴かせてもらいました。
さすがにその晩の打ち上げはできなく、彼らをプログレ居酒屋「哲」へと送り出し、楽しい時をすごしてもらいました。
um2.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

「寺岡呼人2013徒然道草〜第九幕〜」

teraoka.jpg
ソロは久しぶりの寺岡呼人、唄もバンドもプロデュースも今が絶好調!みたいに元気で楽しくエネルギッシュなライブをやってくれました。
昨日は「いたる」、今日は「アロス」、ってわけでアフタアワーの楽しさもいっぱい、その中から最高に素敵な次回のステージも浮上、みなさん、楽しみにしていてください。
いや、よく飲んで、食べました。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする