2012年12月30日

「SESSION 1230...師走JAZZ MEETING」 小川賢人(p) 河井翔平(b) 中沢宏明(ds) 神崎暁史(ts) 藤本美和(tp)他

miwa.jpg
ずっと昔は、などと言ってもせんないのですが、年末、ミュージシャン達が溢れていた頃は本当に元旦の朝までセッションが終わらない事もありました。いったん出て行った人達が初詣行ってまた戻って来て飲み直す、というそんな時代でした。
今回は、金大MJSのピアノの小川君とベースの河井君が学生最後の年末ということで、先輩達にも集って楽しい一夜を、ということでしたが、久しぶりの神崎、安部、美和ちゃん達が揃って面白いセッションになりました。前半は神崎君をフューチャーのワンホーン、あまり練習してない、というんですが、こんなふうにやれちゃうというのが凄い。そして前日から金沢滞在の森下滋が入ってくれてセッションの開始です。
emiya.jpg
3セット目にはこれも久しぶり北中良枝が貫禄のボーカル、お客さんで来てくれた山野市長に美和ちゃん(今や21美のウクレレの先生です)がウクレレを教えるというなんとも年末らしい宴会ライブとなりました。
市長.jpg

みなさん、1年間ありがとうございました。といっても四日もすれば次のライブがあるわけですが、でも一応は今年の〆、まだまだ金沢で楽しいライブが出来るというそんな夜になったと思います。
東京から来たミュージシャン達が金沢のセッションって楽しいね、とうらやましがってくれるようなそんなライブの質が金沢を「ジャズの盛んな街」にしてくれるんだと思います。
市長さんにもそんな力添えをよろしくお願いします。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

「Anovio....森下滋&真部裕&伊藤ハルトシ」

anovio.jpg
ちゃんとしたライブとしてはこの夜が最後、昨年に続いてANOVIOの三人がとんでもなく美しい夜を作ってくれました。熟成された3人のコラボレーションと、それぞれのフレッシュででも耽美的なアドリブ、弦楽器でなければ出せない色気が漂います。この日はピアノもヴァイオリンもチェロもギターも殆どノーマイク、楽器そのものの音だけでは最初はちょっと物足りないかなと思うかもしれませんが、一曲、二曲、と聴いて耳が慣れて来るに従って、人間が本来持っているセンシティビティがちゃんと音楽の美しさ、可憐さ、儚さを感じさせてくれるのです。
ずっとやってきた今年の数多いライブの終いにこんな音を出せて本当に良かったと思います。
この夜も街は忘年会で大騒ぎのようでしたが、こんな日に来て下さったみなさん、でも来て良かったと思いませんか?アンコールに無理を言ってやってもらった「リベルタンゴ」は昨年の山下洋輔=真部裕の素晴らしさとはまた違った、破調さえがはかなげに美しい、何か忘れられない演奏になったような気がします。
奮闘の森下君、次の日のジャムセッションにも参加してくれ、華麗なプレイを聴かせてくれました。
gerusi.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

「白鶴山(はくつるやま)w.菰口雄矢」

白鶴山.jpg
年の瀬も迫ってのスーパーバンド、22、24歳の3人と油ののりきった鶴谷智生のユニットはスリルあふれる最高の夜になりました。鶴谷さんの凄さはもうおなじみですが、この若い3人、特に急きょ決まったギタリスト菰口雄矢のプレイはなんて言うか僕らの持っていたジャズの常識とかをしまい込んでしまいたくなるほど。白鶴山(トリオです)だけでの洒脱なプレイにくらべ、ギターが入った瞬間に燃え上がって行くスリルは楽器、およびギタリストの特性ゆえ、なんて考えたくなるほどです。まあ、布川さんも矢堀さんも、粋にやろうなんて言いながら始まってしまえば一瞬に燃え上がるんだから...。
ピアノの白井アキト、ベースの山本連、ともにこれからのジャズのエースになれそうな素晴らしいミュージシャン、鶴谷さん、いいメンバー、エキサイティングなギグ、ありがとうございました。
白井.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

「クリスマスイブを貴方に..."Have Yourself a Merry Little Christmas"」 細木優輝(vo) 羽広志津子(vo)三瀬まりの(tp)平尾隆(p)宮下潤(g)大菅麻衣子(b)大桑宇一郎(ds)

YUUKI-HABI.jpg
道が凍る寒いクリスマスイブでしたが、みんなはちゃんとデートなどしてたのでしょうか。
もっきりやは二人のボーカリストによる華やかなライブ、とてもいいメンバーのバッキングもあって楽しい夜になったと思います。厳しいライブも大事ですが、こんな夜はリラックスして演奏する側も笑顔があふれるのもいい感じ、次はバレンタインの日にでもやりましょう!
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

「fulare_pad's Christmas Live 2012 〜Magical X'mas Carnival〜」

frar.jpg
クリスマスのフラリー・パッド、サンタやスノーマンの衣装も楽しいサービスいっぱいのライブになりました。彼らの持ち味のキレのいいリズミカルでポップなオリジナルも、クリスマスの名曲も、こんなふうに軽く楽しくやられると、これはこれでいいものですね。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

「布上智子×今井亮太郎〜ブラジル行!音とダンスのクリスマスクルーズ〜」

tomo1.jpg
この夜もお向かいの居酒屋さんは大宴会、金大のジャズ研も定演、負けじともっりやはサンバパーティー、ぐっと色っぽくなった布上智子のボーカルと充実いちじるしいサンバピアニスト、今井亮太郎のデュオ、更にスペシャルゲストでサンバダンサー牧聡子も加わっての楽しい夜になりました。
tomo2.jpg
誰もが知っているボサノバの名曲も、ちょっとマニアックにTOMOちゃんが選んだサンバの佳曲も、ひいき目なしで見てもとてもレベルの高いいいライブだったと思います。ハッピーなサンバの連続の中にひっそりと入れられたしっとりとしたサンバカンソンは彼女のもう一つの魅力を気づかせてくれます。
tomo3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

「クリスマスだよ、ザッハトルテ」

zahha.jpg
リハーサルの時のぼんやりしてるカット、こんなのもいいでしょう?
この日は街中が宴会とデートとで一番溢れている日です。ザッハのマネジャーとそんな誘惑にザッハの音楽は勝てるか、などと心配してたのですが、たくさんのファンの方々が集ってくれました。(誰も来てくれなかった最初のライブから7、8年、本当にいいバンドになりました)
彼ららしく、クリスマスの曲やるわけでもなく、今回は子供もいなかったのでかキノコもやらず、で、これくらい盛り上げてくれるんだからやはりなかなかのものです。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

「クリスマスのリュート:シャコンヌ・オリエンターレ...高本一郎」

takamoto.jpg
ずっと昔、まだクラシックのレコードを集めていた頃、ドイツ盤のアルヒーフ・レコードは憧れでした。バッハやヘンデルは勿論、イタリアやフランスの宮廷音楽の小品集なんてものまで集めていました。古楽器で演奏された作品なんかも探しました。まだインターネットのかけらもない時代です、でも朝店開けてそんなレコードかけるのが楽しみだったんですから今のもっきりやからは想像もできません。(ちなみにこのごろのオープニングはユーミンのベスト盤で勝手に懐かしがっています)
だから40年もたってからリュートの演奏会が実現するなんて、ちょっといいでしょう?昔「シャコンヌ」なんていう居心地のいい喫茶店があったななどと思い出しています。
高本さん、今回もロマンティックにクリスマスの曲もまじえた素敵なプログラム、年末の喧噪の中の一夜のオアシスです。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

「新世界 Tour 2012 in 金沢...高鈴(こうりん)」

KO-RIN.jpg
聴き入ってしまう歌ばかり、きれいで透明な歌声、魅力的なデュオです。
基本的に前向きで正しい姿勢の歌が続くと下を向いてしまうことが多いのですが、彼女たちのステージがしっかり聴く人の心を掴むのは、きれいな日本語としっかりしたメロディー、そして天性のボイス故でしょう。

選挙の開票日、こんなピュアなライブの後でテレビで万歳してる人達を見ると何か言いたくなります。まあ、いいんですけどね。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

「スタンダードの花束第4弾... Bouquet de Standards」

STANDARDS.jpg
こんなジャズがいつも聴けるジャズクラブがあったら、ちょっとできた時間に立ち寄るようなそんな聴き方もできるのにな、などと思いながら聴いてました。
いい曲を長過ぎないメロディアスなアドリブでスインギーに演奏する、という、しかもドラムレスの心地よさはスタンダードの温かさにはぴったりだと思います。宮下潤君のセカンドギターが入ってからサウンドも落ち着いてきたようで、聴く側の妙な緊張感もほぐれてきているようです。
あとはレパートリーですが、歌詞もセンチな "That Old Feeling" とか、ロッド・スチュアートがクリス・ボッティとやっている "I Wish You Love" 、ダニー・ケイが「五つの銅貨」で歌ってた "Lullaby in Ragtime"、映画「恋人達の時間」のテーマに使われてハリー・コーニックが楽しそうに歌ってた "It Had to be You" などリクエストはいっぱい、ぜひいつか聴かせてください。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

[坪口昌恭/沼直也 DUO」

TZBO.jpg
坪口昌恭と沼直也 、2度目のデュオですが、密度の濃い、しかもクールでグルーヴィーという今の音が新鮮です。ハンコック・ライクというよりあの時代のキーボードプレイが懐かしかったりするくらいの音場、ドラムスのアクセントもチャーミングで、アコースティックでエレクトリックという不思議なコントロールされたサウンドが魅力です。
NUMA.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

「高崎安沙子 ”ALL of Me" プレ・ CD発売記念ツアー」 高崎安沙子(vo)サイモン・コスグローブ(p,sax)ポール・ドワイアー(b)海野俊輔(ds)

asako.jpg
1年ぶりくらいでしょうか、前回はギターの井上智とでしたが今回はトリオ、歌も随分良くなっていい感じに楽しいボーカルナイトでした。サイモン、ポール、海野のトリオが粋でクールなサウンドでASAKOを助けます。
富山の新湊出身というASAKOさん、ヴォリュームたっぷりのからだで、でもゴスペルっぽい感じはなく、なかなかの好演だったと思います。
あらためて海野君のドラムス、音の奇麗なスポンテニアスなプレイはいろんな人とやらなければならない金沢のドラマーにとっては本当にお手本になると思うのですが...。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

「早川唯我=谷中秀治=力武誠...TRIO !」

yuiga.jpg
バークリーの特待生でボストンへ行ったはずの早川唯我、バークリー行くのやめてニューヨークで編曲とか作曲の武者修行してるらしく、ソリストとしての将来だけを考えていない間口の広さが今の若者なんだと納得です。
もっきりやは初めての力武誠とおなじみの谷中秀治とのトリオ、シンプルなストレートジャズです。アグレッシブなアルトは前にも増して全開、スリリングなアドリブの連続です。
23歳、何だってできそうな未来、ちょっとうらやましいかも。
それにしても、こういう演奏、みんな興味もないんかな。アルトやってる人なんて絶対だと思うんだけど...。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

「トクマルシューゴ..."In Focus?" Release Tour 2012」

toku1.jpg
いろんな楽器を運び込んだりセットしてる人達の中に「ショピン」の田中君がいて、思わず、ミュージシャンってどの人とどの人?って聞いてしまったくらいみんな普通に街歩いてる人みたい。(少なくとも昭和のロッカー達とは違います)
それがステージが始まるとみんなそれなりの音で参加、小気味いいトクマルシューゴのギターをとりまく仲間達みたいな妙な親密感が新鮮です。
toku2.jpg
ハードなロックっぽさときれいなバラード、音のケイオスがごちゃまぜになった不思議な音楽ですが、ファンの人達にはこれが快感なんでしょうか、超満員、カウンターの上まで座ったわりにはおとなしく礼儀正しい人達ばかりです。
僕にはへえーっと思う事ばかり、いいものを聴かせてもらいました。
記念写真もちょっとヘンです。
toku3.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

「南谷朝子 Live PURIE〜ぷりえ」

ASAKO.jpg
もっきりやは2回目の南谷朝子さん、歌だけを歌っている人にはないオーラが舞台に生きる人の証明です。
歌に奇をてらったところなど一つもないのですが、創りだされる世界は本当にお芝居を見ているかのよう、素敵です。来ていただいた人達も彼女の創りだす世界と丁寧に付き合っているようです。フォークというよりもシャンソンに近いような極私的な歌、一瞬ブリジット・フォンテーヌを思わせるような無機的なやさしさ、ああこの歌、何年も前にHONZIが歌ってくれたなあなどとちょっとセンチになってしまうところもあった夜でした。
南谷さんの遠い親戚にもなるといういつもお世話になっている瀬川先生に今回もお世話になりました。軽くスイングする夜がお好きな先生にはちょっとヘヴィー?でもよかったですよね。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

「中林薫平カルテット..."The Times" CD発売記念ツアー」 西口明宏(ts ss) 田窪寛之(p) 中林薫平(b) 海野俊輔(ds)

KUNPEI.jpg
前回のトリオに西口明宏が加わったカルテットですが、中林薫平のオリジナルで固めたプログラム、一本筋の通ったモダンジャズのライブでした。正味2時間を超える熱演、満員のお客さんで迎えてあげたいなあと切に思います。
アフタアワーは来てくれたMJSのドラムパートの学生達をフューチャーしてのセッション、みんな緊張の中にも楽しそうに演奏していました。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

またまたお騒がせ、ハッチハッチェルバンド「休日人生」

HATTI2.jpg
やっぱりこの季節、まして金曜日ともなれば個人的な飲み会の方が優先されるのかもしれませんが、そんな理由で見逃すのはあまりにもったいない、めっちゃ楽しい夜でした。
まあ聴いてる方はいつものようにぎゅうぎゅうじゃなくて良かったのかもしれませんが、でもこの夜もハッチ組長以下子分たちも全力疾走、叫び、歌い、踊り、そして「可愛い藤田まゆみお姉さん」のからだを張ったキュートな熱演、当然ながら写真も彼女に集中します。
HATTI1.jpg
HATTI3.jpg
でも他のみんなも最高のキャラで、こんなに楽しませてくれてありがとう、またすぐやろうね、が合い言葉です。打ち上げはペーパームーン、ステージの上の彼らからは想像しづらいくらい、礼儀正しい人達なんですよ。
次回はお客さんも一緒の打ち上げやりましょう。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

「The Unforsaken Uncles/あきらめないオヤジ達」

TYRON.jpg
名手二人、最高のボーカルと最高のパーカッション、このグルーヴはどうでしょう。タイロンさんのオールマイティーなボーカル、本当に歌の種類を選ばない、どんな曲でもタイロン節にしてしまう強さは、逆に言えばしんみりした曲でも軽い曲でもみんなソウルフルにしてしまうという意味で日本人離れしたスケールも含めて日本のボーカルとは合わないのかもしれません。横に並ぶのもラリー・グラハムとかあんな人達の方がぴったりきそうです。
でもヤヒロさんなら大丈夫、この人もある意味日本人離れした強烈な個性、グルーヴの持ち主でタイロンさんの押しに一歩も引かず華やかなパーカッションでリズムを叩きだします。
チョイスされた曲も好きな歌ばかり、"Fishing Blues" なんて聴けるんですよ。
アンコールは感動的な "What's Going On"、聴かせてあげたい人がいっぱいいるのですが....。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

一夜限りの再結成!オクトパス・キューバンボーイズ

OCTPUS2.jpg
もっきりやでは殆ど25年ぶりくらいのオクトパス、パーカッションの広瀬君の追悼という(トランペットの西さんももう向こうに行ってしまいました)ちょっとセンチな部分を思いっきりラテンなブラスとリズムで吹き飛ばそうというバンドクレイジーのメンバーが素晴らしいライブをやってくれました。
2トランペット、2トロンボーン、1サックスにキーボード、ベース、ギターにボーカル、そして3パーカッションという華やかなバンドサウンドが哀愁あふれるサルサ一色に彩ります。
みんな久しぶりの曲ばかりなんですが、勢いとノリ(一緒か)でエキサイティングなステージ、昔の彼らを知らないお客さんも大喜びです。あんな頃からこんなバンドをやろうと始めた人達が結成以来愛し続けてきたラテンの魅力がいっぱいの世界、みんなが50歳超す頃になってもこんな楽しそうにやってる姿はやっぱりいいです。
終わった後は打ち上げ、いろんな話がでました。広瀬君の家族の人達も残ってくれて、こんないいかげんなライブに追悼なんて言葉を付けてしまってと恐縮する僕らにありがとうという温かい言葉をもらいました。
人が逝ってしまうのは順番ですからいつ誰がというのは誰も止められないわけですが、でも、いろんなこと、憶えてるのはうれしいことだと思います。
いい夜だったと思います。
OCTPUS1.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする