2012年09月30日

井上"ケニー"憲一&キャシー. <ゲスト>池田洋一郎

kenny.jpg
夕焼け楽団や金子マリとのライブでこれがギターだ、って音を聴かせてくれたケニーこと井上憲一、パートナーのキャシーさんと一緒に来てくれました。
悪い予感があたって、時間になってもお客さんが誰も来ない、外は土砂降りの雨、気持ち悪い風、テレビではアナウンサーが「用のない人は外出してはいけません」なんて言ってるし、と思ったら来てくれました、こんな時って本当にありがたいものです。
そんなこんなで何とか無事ライブもでき、打ち上げの頃には雨もあがっていました。
二人はいいコンビです。あたたかい唄とギター、誰も来ないって落ち込んでる僕らの気分を引き上げてくれるような南国っぽい雰囲気が素敵でした。
池田洋一郎はこの年で考えるところがあるみたいで、不思議な曲を歌ってました。ギターはさすがです。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

螺旋階段な日常...酒井俊=林栄一=田中信正

SHUN.jpg
あっぱれとしか言いようのない、ピュアでアグレッシヴな世界へようこそ。
本当にこうとしか書けない俊さんのギグです。3人のパフォーマンスに加えて、これをどうして分かってくれないの!という叫びにも似たベクトルが聴いてる人に突き刺さる、だから聴く者にもある種の覚悟を要求されるヘヴィーなステージは、でもその隙間にそっと咲く小さな白い花のような佳曲に出会う時、また次の峰に立ち向かうためのつかの間の休息も用意してくれているのです。
素敵でやさしいジャズのクラシックスを歌う姿をもっと見たいという気持ちと、例えば「ナーダム」や「寿限無」で叫ぶ俊さんはこれでいいのだという気持ちが、聴く人の中で自然に折り合えるようになるといいのでしょうが。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

沼娘(ぬまっこ)&森香

NUMACCO.jpg
テルミンと唄のエレキ姉・フェイターンと、クロマティックアコーディオンと唄の妹・チエルームのめくるめく妄想音楽ユニット「沼娘(ぬまっこ)」、なんですが、これが面白い、いつか「黒色すみれ」とジョイントやったらうけるだろうななんて思いながら聴いてたんですが、ケレン味たっぷり、楽しいショウでした。
それにしてもテルミンは面白い楽器です。震える音はミュージックソウにも似てるのですが、なんていうかテルミンにはまがいものの魅力があります。
沼からあがって来た沼娘という設定ですからぴったりなんですが、その沼もフランスとかイギリスではなく、ロシアや東欧あたりの雰囲気なのはショールと人形と衣装のせいだけではありますまい。
ともあれ魅力的な二人、次回は頑張ってファンを増やしましょう。(というより、みなさん、面白いですから絶対見に来てくださいね)
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

南佳孝...ALL MY BEST WITE 佐山雅弘

MINAMI.jpg
前半最後の曲、ギターを置いて歌われる「冒険王」を聴きながら、女心ばかりじゃない、センチメンタルなロマンこそがたくさんのファンを今もひきつけているのだとしみじみ思いました。
今回もほとんどが70年代の懐かしい名曲ばかり、聴く人それぞれがいろんな思い出と今の生活の間を埋めながら、やさしく、時に甘酸っぱく、何ものにも替えられない時間(歌詞だと「人生」なんて一言でいいのでしょうが)を思い出しているのでしょう。
ピアノの佐山雅弘、古いジャズのスタンダードだと小憎らしいくらいそのツボをつかんだフレーズで酔わせてくれるのですが、佳孝さんの曲でもそれは変わりません。いや、むしろスタンダードの時の小粋なムードを振り捨てて時に鮮烈なラテンフレーズで切り込んで来る姿はこれも彼の真骨頂なのかもしれません。
ショウのファイナルに向かって「スタンダードナンバー」、「モンローウオーク」、「スローなブギにしてくれ」とたたみかけてくるエンディングはきっと誰もが心を奪われたことでしょう。
SAYAMA.jpg
ライブの後、佳孝さんの熱心なファンのBAR「マルティニ」のご主人に、おいしいシャンパンにワイン、お寿司まで取っていただいてみんな感激です。
いっぱいのお客さん、満載のプログラム、楽しい打ち上げ、みなさん本当にありがとうございました。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

古川初穂ピアノトリオ....秋旅2012

FURUKAWA.jpg
この間来たのっていつだっけ、という会話が増えている今日この頃ですが、記憶力を回復する指先運動ってのもなんだし、4、5年たってるよね、早いねなどとお茶をにごしています。
古川初穂が初めて来たのはもっと前で、素敵なNOONとのデュオ、もっともその時はNOONの唄にばかり目をひかれてましたが。
この3人のトリオはいろんな表情があります。豊かな歌心とそれをきっちりと表現できるテクニック、何よりも華やかなステージは個々の魅力とともに「ジャズのピアノトリオ」なんて言葉ではくくりきれないくらい多様です。きっとまたすぐ。
初穂さんは実は10月にも納さんやサンキチさんたちとセッションすることになっています。(10/23)
SUTO&NORI.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

Secret Flower....市尾優作クインテット&セッション

ICHIOYUUSAKU.jpg
スエーデンで活動するギタリスト市尾優作&フレンズ、って感じのギグですが、なんて言うか少し昔の「クロニクル」なんて言葉が合うようなフリーセッションと、ジャズ・クラシックスのメロディーの美しさを大切にしたシンプルなジャズと、という2本立ての内容ですが、いい感じにミックスされたステージはなかなか魅力的でした。
二人のチャーミングなボーカリストもいい感じ、こじんまりしたリレーションシップが感じのいい夜でした。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

Capital & Alex Kerckhoff: Bossa Pop de California

CAPITAL.jpg
キャピタルとアレックス・カーコッフという二人のいかにもLAからっていうミュージシャンのライブ、ボサノバが主流のレパートリーですが、アレックスのギターはむしろトムズキャビン系のアメリカンミュージックに近いみたいで、トム・ウエイツやエイモス・ギャレットが好きだそうです。
とてもいい感じのライブだったんだけど、KJSのすぐ後ってのも影響したのかお客さんが少なく、二人には悪い事しました。「黒いオルフェ」などいい感じに歌っていたのですが...。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

SESSION 917...with HARDBOPPERS

SESSION2.jpg
この日はデイズニーバンド引率の松本さんとベースの米木さんが土曜に続いて顔を出してくれ、それに珍しい顔ぶれも加わって最後の夜らしい一夜、ハードバッパーズは1ステージだけだけどやっぱり3管は気持ちがいいですね。
何となくみんなお疲れで12時前にさっさと閉めることができました。夜中、中村恵介なんかも顔出してくれ(オマさんの中央公園のトリの演奏、よかったそうですね。)何か喋ったような記憶が...。
SESSION3.jpg
とりあえず今年のKJSはおしまいです。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

SESSION 916...金沢ジャズストリート

SESSION1.jpg
この日もいろいろ、9時過ぎにはいつもの道場で来沢中の矢堀さんが来てくれ、相変わらずの激しいギター、これだけたくさんのグループが演奏しに来たのにこんなスタイルのバンドが一つもないってのも何というか不思議ではあります。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

SESSION 915..金沢ジャズストリートの夜

とにかく街中に人がいっぱいで、こんなにジャズ好きな人っていたんだっけ、などと言ってみたくなるほどですが、とにかく金沢市観光課主催ということだけ考えれば、こんなに効果的なイベントはないはずで、日曜のデイズニーなどある意味正しい方向性なのかもしれません。
が、もっきりやはここに出演しようといろんな所から集って来るストリートバンドの人達に興味があります。
今年のこの三日間はそんな人達を対象にしたセッションにしようと。
ピアノの小川、ベースの河井、ドラムスの中沢の三君がホストバンドということで、夜は楽しく幕をあけました。
韓国の若手グループ、"JAZZ CLOUD"の人達がフレッシュなステージ、二人のボーカルの女性がとてもチャーミングです。
JAZZ-CLOUD2.jpgJAZZ-CLOUD.jpg
お昼トーマス・クラウゼン・トリオたちとコンサートだった中村健吾がさすがのグルーヴ、素晴らしい演奏を聴かせてくれれば、前乗りして来てくれた米木康志が、これもディズニー・コンサートのバンマス、トロンボーンの松本治(また渋谷オーケストラやりたいな)と最高のプレイを。
JS3.jpgJS2.jpg
何だか久しぶりに楽しいセッションで、当たり前のことなんだけど、セッションだっていいミュージシャン(有名ってことではありません)がいて初めてなりたつんだなあと今更ながら感じました。
集ったメンバーが他の人のソロに深くうなづきながら自分のソロにそなえるというのはなかなかに美しい姿だと思います。
JAZZ-STREET1.jpg
終り際に来てくれたジンジャーブレッドボーイズのドラムスの齋藤洋平が米木さんの誘いで最後にピアノトリオでバラード、なにか気持ちのいい終わり方でした。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

『キエレスマテ』ツアー2012...赤木りえ=宮野弘紀=岡本博文

Q-MATE1.jpg
まだOKAMOTO ISLANDの楽しさが残っているお客さんに加えて赤木リエさん関係の吹奏楽の人達も加わって賑やかで楽しいライブになりました。
二人のギターの名手については言うまでもありませんが、初めて聴くカリビアンフルート(って言ったって普通のフルートなんですが)のトロピカルサウンドは本当に魅力的でした。
AKAGI.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

「team bambi presents herring roe vol.3...柴田聡子/加藤りま/yojikとwanda」

yojikとwanda.jpg
team bambiの三回目のギグ、まず最初は「yojikとwanda」というデュオ、唄とギターというよりはヴォイスとギターと言った方がいいような個性的な二人です。
おおたか静流のような、と書くと褒め過ぎかもしれませんが、知的な破調が魅力的です。
二人目は加藤りま、不思議に気になる人ですが、クールって言っていいんでしょうか感情を押さえたヴォーカルとギターは、この5月にやったエミリー・ジェーン・ホワイトに通じるところもあるような...。
メインは柴田聡子、ちょっとグルーヴィーな(?)3人の大人達(植野隆司(g)三沢洋紀(b)中川克志(per))に囲まれて天然そのままに精一杯歌ってる姿が魅力的です。柴草怜や二階堂和美といった才女達と良く似たオーラを感じるのは僕だけでしょうか。
彼女がソロで歌う時、聴き入っている大人達、いい写真だと思うのですが。
sibatasatoko1.jpg

posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

"LOST IN TIME 海北大輔弾き語りツアー「新しい旅行鞄と僕の声と。〜どっちかと言えば北へ〜」"

kaihoku.jpg
日本中を旅する海北大輔、伝えたいことがあるシンガーは聴いてて気持ちがいいです。
ちょっとピアノも弾いてみました。
今回のOAは金沢のバンドA(C)の白江宗司君、アンコールでは二人でのデュエットも。
k&a(c).jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

「はつぷちツアー...【anoa×ペロ魚谷(ハッチハッチェルバンド)】」

anoapero.jpg
最初電話を貰った時、どんな音楽になるんだろ、って正直不安感もいっぱいでした。
でもanoaからこんなふうにやりたいんだという話、そして送ってきたyou tubeを見て、これはこれで面白いなあと、長見順と岡地さんのような凄みはまだないけど音楽をやる楽しさはよく表れているなあと。
実際のライブステージも楽しさいっぱいです。
ただ、残念ながらお客さんが少なくって...。
勿論初めてだし、まわりには他のライブもいっぱいあるし、というのはそうなのですが、でももう少し来てほしかったな。
などと言いながらしんみり打ち上げしました。
次はファン増やしましょう。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

「高橋誠GypsyJazzQuartet....Modern Session Tour 2012」

takahasisei.jpg
名古屋を本拠に全国で活躍するジプシー・ジャズのヴァイオリニスト高橋誠、初めてのもっきりやですが、僕も彼の演奏を聴いたのは初めて、よくスイングする美しい音色がとても魅力的です。メンバーもみんな素晴らしく、モーリス・ムーニェばりのレトロななかにもモダンな香りの鈴木孝紀のクラリネットなど秀逸です。
書き出せばグラッペリやジャンゴに対する想いなどたくさんあるのですが、彼らのスタンスはそれだけにこだわらず、もっと広い視野でのある種のユアローピアン・ワールドミュージックを目指しているようです。
いいライブでした。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする