2011年09月30日

9/30「みゆきタンゴ」

miyuki.jpg
この頃いろんなバンドがタンゴの曲またはタンゴふうな曲を演奏するのですが、やはりこの情熱的というか激しい気持ちの表現は日本人には受けるのでしょうか。(「黒猫のタンゴ」だってかっこいいものね)
さあ、この佐藤美由紀率いる「MIYUKITANGO」、東京などではタンゴの踊り手をフューチャーしてのステージもやってしまうなかなかの濃いバンドです。タンゴファンでなければきっと初めて聴く曲ばかりだと思いますが(アンコールの「ラ・クンパルシータ」はさすがに有名ですが)どのメロディーも心に語りかけて来る美しい旋律ばかり、いっぺんにファンになってしまいました。
激しいピアノ、憂愁のバンドネオン、泣きまくるヴァイオリン、と、未見の方は次回ぜひ、絶対にはまります。
tango.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

9/29「天使のリュート...高本一郎」

tkamoto.jpg
ソロとしては二階目のロマンティックな高本さんのリュートのライブです。何百年前とは思えない、いや、何百年前だからこその美しさなのかもしれませんが、本当に繊細なリュートの響きです。
耳慣れた曲も含めての美しい時間でした。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

9/28「happy birthday session」

session.jpg
ありがたいことに
今日は僕の誕生日というので思いがけなく集ってくれました。ホテルの仕事の終わった須藤夫妻や関西からの素敵なミュージシャンも飛び入りで豪華なセッションになりました。
みなさん、本当にありがとう、感謝です。
marino.jpgguys-&.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

9/24「SESSION 924...宗清 洋&横山未希とともに」

munekiyo.jpg
アロージャズオーケストラのコンマスで75歳の宗清 洋と孫くらいの横山未希、お二人を招いてのセッションのリズムは安部=岡本=川北の3人、ビッグバンドの曲を中心にスインギーで楽しいセッションになりました。
歌謡曲のバックにビッグバンドがついてきた時代、シャープやニューハードは勿論ニューブリードやユニオン、ブルーコーツ、キューバンにゲイスターズと本当に華やかなバンドがツアーで金沢に来ました。そしていつもその中の何人かがコンサートの後、楽器を持って遊びに来てくれるのです。宗清さんのアロージャズもその一つでした。
学生達とジャムセッション、そしてジャズや人生や、いろんなことを教えていってくれたのです。
宗清さん、75歳、いつまでもスインギーで甘いトロンボーンを聴かせてください。
session.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

9/23「羊毛とおはな 2011」

今回はお昼と夜との二回廻し、お昼の部は、羊毛とおはながデビューした頃のファンの人達が順調に成長すれば、そろそろ子供できてても不思議はないんじゃない?と思ったかどうかは別として子連れOK、満員のにぎやかなライブになりました。子供向きって曲は特別なかったようにも思えるんですが、その子供達はといえば首振りながら楽しんでるよいこもいれば、赤ちゃんらしくぶーぶー言う子もいて、まあ、子供らしいというか....。
ohana-w.-child.jpg
夜の部も満員でしたが、やはりずっと集中度を増した二人のプレイは素晴らしく、この空間ならではのサウンドになっていたと思います。チャーミングなオリジナルとともにこの二人の魅力は趣味のいいカヴァーのセレクション、今回もいろんな曲がいっぱい、"Look Back in Anger"なんて素敵でしたよ。
ohana.jpg
二ステージやっても売り切れるんだから、もっきりやでこれからも、となるとむづかしいのかもしれませんが、でもこんな場所だからこその魅力ってあると思うんで、なんとか考えてやっていけたらいいなと思っています。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

9/22「中村健吾トリオ fea.菊池太光」

kengo.jpg
10月にはNONAME HORSESで厚生年金へ、11月にはギラ・ジルカとともにもっきりやへ、と3ヶ月連続で会える中村健吾さん、活動のベースをニューヨークから東京に移しつつあるようですが、変わらぬナイスガイ、ビッグサウンドと深いグルーヴはいつも通り素晴らしいものです。
そして今回のトリオ、だれもがピアノの菊池太光に一目惚れです。
モーダルで理知的な雰囲気の若手ピアニストが多いなか、この人の明るさ、楽しさは際立っています。
ピアノを弾く事が楽しくってしかたがない、という想いいっぱいに鍵盤の上を飛び跳ねるメロディアスでキレのいいピアノは若き日の佐山雅弘を彷彿させます。前回の片倉真由子フューチャーリングの時には深いブルースフィーリングが見事だったのですが、今回のピーターソンライクなトリオも最高です。
まだあどけない、でも実は26歳という太光訓の写真を。
taikou.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

9/21「吉田美奈子&河合代介Duo」

minako.jpg
この夜の気持ちをどんなふうに伝えられるか、溢れる想いがおしよせてくる最後の曲「LIBERTY」を聴きながら僕は、自分の表現手段のあまりのつたなさに当惑さえしていました。
歌い手が全身全霊で歌い上げる世界はそれを引き受ける聴き手がいてこそ完結します。
この夜の吉田美奈子のルナティックと言ってもいいほどの唄のベクトルは、河合代介のグルーヴィーなオルガンサウンドとからみあいながら容赦なく聴く者の胸に飛び込んできます。かならずしも彼女の歌声を受け止める準備のできていない人達にも彼女の歌声は迫ります。そして人の心の仮の鎧を粉々にして中に入り込みます。
黒いブルースフィーリングいっぱいに歌ったミンガスの「Goodbye Pork-Pie Hat」の妖しいグルーヴはどうでしょう!

きっとまた美奈子さんのライブができると信じています。その時はぜひ。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

9/19「大口純一郎セッション」

ooguti.jpg
ジャズストリートで演奏する大口さんに空いている夜のセッションの軸になってもらおうと思ってセットしたのですが、そういうのはあまり歓迎されなかったみたいで、明るくOKしてくれた大口さんにも主催者側にもご迷惑をおかけしました。すみません。
でも大口さんのピアノは、本当にジャズピアノってこうだろ、と言いたくなるグルーヴいっぱいのピアノ、もっとたくさんの人に聴いてほしかったな、と。
kawahigasi.jpg
ずっと付き合ってくれた川東優紀のベース、いい音してるねえ、と大口さんのオヤジっぽい褒め言葉、いろいろあるけどやれて良かったと思っています。
大口さん、本当にありがとうございました。また米木さんや大力さん達とやりたいですね。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

9/18「矢堀孝一セッション」

yabo.jpg
街は「金沢ジャズストリート」で賑わっていますがもっきりやは矢堀さんを囲んでのセッション、深夜にならないと現れないゲスト達ではなくかなりまっとうなストレートジャズのライブになりました。岡本君や加賀君のベース、中沢君のドラムス、途中からテナーの神崎君や須藤ご夫妻も登場、更に菅沼孝三先生も入ってなかなかスリルあふれるセッションになりました。
国立や早稲田のビッグバンドのメンバー達にも入ってもらいたかったんだけど、彼らは「交流会」というのにしばられてて現れず、残念でした。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

9/17「BLACK PARTY...BLOODEST SAXOPHONE」

blood.jpg
いつも大騒ぎのBLACK PARTY、今回のトリは BLOODEST SAXOPHONE、トロンボーンにテナー、バリトン、ギタートリオという編成で、スイングからバップへ、となかなか濃いステージを見せてくれます。下田卓のカンザスシティバンドをもっとエモーショナルにしたような昭和のムードが魅力的です。「ブルーヴェルヴェット」や「トゥワイライトタイム」のような思わず口ずさんでしまうようなメローな曲も、時にキャバレーライクなサウンドで時にハードドライブな編曲で、と今のクラブイベントにぴったりのキッチュさがかっこいいんです。
いっぱい飲んで、大騒ぎして、楽しい夜でした。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

9/11「前園直樹グループ」

MAEZONO.jpg
二年ちょっとぶりの 前園バンドfea.小西康陽 でしたが前回よりは格段にメリハリのついた楽しいステージ、プラスされたトランペットとドラムスがいい味で昭和歌謡を彩ります。
前園君の声も前回よりずっと張りがあって「君をのせて」なんてジュリーみたい、とはいいませんが酔わせてくれます。
選ばれたのもいい歌ばかり、ハッピーエンドの「夏なんです」は原曲のシュールさより明るくってなんかいいですね。
今度は大瀧詠一特集もやってください。
小西さんのセンスが冴えてます。
KONISI.jpg
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

9/9「権上康志トリオ」

GONJO3.jpg
前回、MUTO QUARTETに続きベーシスト権上康志率いるトリオの登場です。
メロディアスなピアノとフレッシュなドラムスにグルーヴィーなベース、と、今の関西の元気さを聴かせるピアノトリオでした。
KANO.jpg
権上君は来月10/21にもジンジャーブレッドボーイズとしてブッキングされています。関西版VSOP、お楽しみに。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

9/7「ENCOUNTER 2011」

EQやTHE MOSTが猛威をふるったのは数年前でしたが(勿論現在も健在、最高のミュージシャン達が至高のカルテット・プレイを聴かせてくれています)、次世代からはこのENCOUNTERが赤丸急上昇、堀秀彰と浜崎航の二人のタレントが開花したフレッシュなカルテットがジャズシーンを湧かせています。
HAMASAKI.jpg
チラシを見ると石川、富山を中心に5日間の長期滞在、お昼は海水浴(?)など夏の終りの日本海ヴァケーションツアーみたいだったのかもしれません。勿論演奏はヴァケーションどころか激しい全力を出し切ったプレイの連続、刺劇的なリズムと爆発的なテナーのブロウがコンテンポラリージャズの魅力を集ったファンの人達に強烈に示します。
HORI.jpg
何気なく挟み込まれた4ビートのオーソドックスな曲がほっとさせてくれるというのは、僕のような年齢の者だけでしょうが、突き進む若さがうらやましいばかりです。
彼らのプレイに感動したファンのおじさまが「ぜひ金沢のおいしいものを食べていってもらいたい」と終わった後の彼らにうれしいプレゼント、日本海ツアーの最後は最高のエンディングになりました。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

9/3「スタンダードの花束」

STANDARDS.jpg
和田誠さんが何度かスタンダードの魅力を語ってくれる会をやった時(ピアノは勿論佐山雅弘、和田さんの語る名シーンをすかさずピアノで再現してくれるのです)、いつか金沢のメンバーでもこんな世界みんなに聴いてもらえたらなあなどと思っていました。
少し前、何かの機会に突如思い立ち、三瀬、川東、水野の3人に「さらっと、でも美しく、品がいい曲」をいっぱいやりませんかという誘いを出してみたんです。お手本はルビー・ブラフがコンコルド・レーベルに残した何枚かの名品、というわけで一回目のライブが今夜でした。
スタンダードとは何かと言われると、時代を超えて残るのはみんなスタンダード、でいいんですが、僕が思ってたのはもっと狭義の意味でのスタンダード、そう、「花束」って言葉が似合うような小粋でセンチメンタルな曲なんです。
"Thanks for the Memory"や"Blue Skies"や"Until the Real Thing Comes Along"(ほんとの事が分かるまで〜夢見る頃を過ぎても、という粋な邦題がついてます)、"Crazy He Calls Me"に"Baby, It's Cold Outside"、そして"Manhattan"と、ちょっと浮かんだだけでもアメリカの古い小唄がいっぱいですが、こんなのを一曲3〜4分でいっぱい、というのが僕の描いたスタイルでした。
今夜のトリオはとてもいい感じでやってくれたと思います。トランペット、ギター、ベースというなかなか想像できない楽器編成で、今できる限りでのメロディアスなトリオを展開してくれました。ブルースになると元気一杯に聞こえるのはご愛嬌ですが、"Bewitched"なんて難曲でもちゃんとこの曲の魅力でていたと思います。
あとは選曲と、流れるような、それでいて温かなステージングでしょう。
またすぐやりましょう、そして曲がたまったらゲストをいれて昔の銀座のジャズクラブみたいなショウをやりましょう。
posted by 店主 at 00:00| バックステージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする